ここに注意!社宅管理代行のよくある失敗例

ここに注意!社宅管理代行のよくある失敗例

社宅を保有している多くの企業が社宅管理代行サービスを導入しています。社宅管理の工数を削減できる、社員にとっても住みやすい社宅を提供できた、といった成功例が数多くある一方で、コストを重視するあまり、失敗してしまったという例も少なくありません。
このような失敗がなぜ起きてしまったのか?失敗例を詳しく見ていきましょう。

icon失敗例①地域ごとの異なる手続きに対応しきれなかった

全国にある社宅の管理を一括で依頼したところ、地域ごとに手続きの仕方が異なり、社宅管理代行サービスでも対応しきれなかったということがあります。

これは、地域ごとに異なる商習慣や不動産業界の地場特性を代行サービス会社が理解していなかったことによって、契約交渉などがうまくいかなかったというケースです。ただでさえ複雑な不動産関連の書類や手続き。代行サービス企業は専門家とはいえ、まったく把握していないエリアを任されたことで、そのエリアの不動産会社とのネットワークがなく、物件の管理に手間取ってしまうことはあるものです。

こういった失敗を避けるためには、社宅管理代行サービスが持っている実績から、どのようなケースで実績を上げているかを知っておくことが大切になります。地域ごとの手続きなども、いわば細かいトラブルなどにも迅速に対応できるキャパシティーがあるかどうかの判断基準になりますので、社宅代行サービス業者のホームページやパンフレットなどから事前に実績を確認しておき、社宅管理を安心して任せられるかどうかを調べておきましょう。

icon失敗例②業者の実績やサポート体制の確認が足りなかった

業者の実績やサポート体制を確認せずに、コストのことばかりを考えて業者選びをしたことで、失敗してしまったというケースです。

社宅には、借上社宅と社有社宅の2タイプがありますが、社宅管理代行サービス会社の違いだけでなく、このタイプの違いによってもサービス内容や管理する項目も異なってきます。サービス会社によって、会社の求めているサービスと照らし合わせをすることで、しっかり合致したサービス内容を保証してくれるかどうかを事前に見極めなければ、安心して業者に業務を任せすることはできません。

仮に、コストが一番安い企業を優先したいという場合であっても、サービス内容やサポート内容がしっかりしていなければ、導入コストは安く抑えられたとしても、その後の運営コストが無駄にかさんでしまうこともあります。そういったことになれば、当初の事業計画が破たんしてしまうこともあります。

費用を考えることは重要である一方、社宅管理の項目を細かく分類し、依頼する物件の規模や依頼したいサービスの内容、管理項目なども明確になっているかなど、基本的な内容は必ず押さえておく必要があります。また、業者が出す見積もりの費用についてもきちんと細かく算出根拠が明示されているかを確認して、疑問点があれば事前につぶしておくことも大切です。

icon失敗例③”社宅”という性質を理解していない業者だった

これは社宅管理代行サービス会社にお願いしたのではなく、一般の管理代行業者に社宅の管理を代行したことで生じたトラブルです。社宅の管理の実績はなかったが、不動産の知識がある企業に任せたので大丈夫だと思ってしまったというケースです。

一般の賃貸物件の管理を行う業者にも、社宅管理ができないわけではありませんが、契約交渉や入金の手続き、敷金などの一時預入金の管理、一時的な転勤者への対応といった、社宅管理ならではの専門的な知識がなかったことで、入居者と管理者の間にトラブルが起こり、あるいは管理会社と企業側で意思疎通が図られず、家主と管理会社の業務などもスムーズに行われなかったということがあります。

一般的な不動産管理会社ではなく、社宅管理代行サービスを行っている会社にお願いすることで、こういったトラブルを防ぐのはもちろん、社宅管理代行サービスの会社によっては社員にとってよりよい住環境の提案や、今の不動産における問題点、改善案のアドバイスなどができる社宅ならではの専門知識を持っている企業も少なくありません。

管理業務をお任せするのみではなく、こういった社宅ならではのノウハウをひとまとめにお願いできる業者を見つけることが成功のポイントとなります。

iconまとめ

社宅管理代行サービスを行っている企業は数多く存在しています。各社によって、サービス範囲やプラン、管理項目などは違いますが、どの企業のサービス内容が適しているのかは、保有する社宅や物件数、エリアによって異なります。契約してから、やっぱりあの業者にお願いしておけばよかったかな、といった後悔をしないためにも、コストだけで決めるのではなく、各社のサービス内容や実績などとの照らし合わせをしっかりと行うことをおすすめします。

  • ようこそゲストさん
  • 無料会員登録をすると、多くの便利な機能がご利用いただけます。
  • ログイン
  • 新規会員登録
PAGE TOP