動画制作をする目的は認知度を上げるため?具体的な活用シーンを紹介!

動画制作は企業・商品を多くの消費者に知ってもらうための手段として有効です。売上向上・経営戦略の一環として動画制作を行う企業は増えつつあります。 動画制作を行いたいが、どんな場面で活用するのか目的がわからず困っていませんか。 この記事では、動画制作の目的や具体的な活用シーンを解説します。さらに動画制作の方法も併せて解説しますので、参考にしてください。

動画制作の目的

動画制作における3つの目的を、それぞれ解説します。

認知度を向上させるため

消費者に向け、自社の商品・サービスや企業そのものを知ってもらうために動画を制作します。CMはテレビを活用したプロモーションですが、動画は主にWebサイトを活用。Webコンテンツの1部として商品・サービスのプロモーションを行います。 動画制作のほかの目的には、ファンの獲得・企業紹介・人材教育・会員登録者数の増加などが挙げられるでしょう。 動画は視覚・聴覚に訴えるためイメージとして残りやすいです。商品・サービスの認知度アップを図りたいのであれば、動画制作の検討をおすすめします。

分かりやすい説明に役立てるため

動画は映像と音声の両方を活用するため、商品・サービスに関する多くの情報を消費者へ提供できます。また、文字や画像だけでは難しい細かなニュアンスも消費者に伝えることが可能。文字だと説明が難しい商品情報も、動画なら短時間で説明できます。 動画は見るだけで良いため、消費者もストレスを感じずに情報を受け入れてくれるでしょう。そこで、説明が難しく文字では特徴が伝えにくい商品は、動画を活用するとスムーズな情報伝達が可能です。

自社やその製品に馴染んでもらうため

動画は、商品・サービスの特徴を消費者へダイレクトに伝えることができます。商品の使用シーンなどの動画は、使用する際のイメージが掴みやすいです。そのため、イメージが違うといった理由での返品が減少するでしょう。 また商品・サービスの製造過程を動画で伝えると、その商品に安心感を抱きやすいです。製造に携わる従業員などの顔が見れると、商品に対する信頼感の向上につながります。 さらに動画は、実際にその場所にいるかのような疑似体験も可能。「実際にその施設や店舗に行ってみたい」「商品を使ってみたい」と意欲をかきたてます。 動画の活用は会社の雰囲気が伝わりやすく、消費者の購買意欲向上につながるでしょう。

よくある動画の活用シーン

動画が活用されるシーンを解説します。

1.商品、サービスの紹介

動画は多くの情報を伝えることができるため、商品・サービスの紹介に活用されます。 表現方法が豊富な動画は有形・無形商品を問わず、その魅力を消費者に伝えることが可能。サービスの活用シーンを動画で紹介すれば、外国人の方もサービスの特徴を理解しやすいでしょう。 また、商品・サービスの説明を読むことを避ける方も多いです。動画の場合、映像と音声により商品の使い方・特徴を説明可能。誤操作による事故や故障のリスク軽減につながります。

2.宣伝、プロモーション

表現方法が豊富な動画は、商品・サービスや企業のプロモーションに活用可能です。 さらに、消費者の購入活動に欠かせないブランディングにも効果があります。魅力的な動画で企業の理念やビジョンを訴求すれば、購入活動の促進だけでなくファンの獲得も可能。 店頭などで、商品のプロモーションの一環として動画を活用すると効果的です。陳列された商品の前に動画を流すモニターを設置。これだけで商品の紹介や使用方法、効果といった情報が提供され、消費者の購買意欲を促進できるでしょう。

3.マニュアル、ハウツー動画

動画は、文字や画像のみでは伝えることが難しい使用・活用方法をわかりやすく説明できます。また、あわせて意外な活用方法を提供すると、売上増加も見込めます。さらに、操作上の注意点といった情報の発信は、カスタマーサービスの問い合わせ減少につながるでしょう。これにより、オペレーターの負担軽減が可能です。 また、マニュアル・ハウツー動画は社内でも活躍します。接客マニュアルを動画化すれば、接客品質の向上が可能。さらにサービス品質・顧客満足度向上につながります。

4.自社と社員の紹介

自社と社員の魅力を動画を通じて発信し、企業や商品への信頼感・親近感のアップを図ることが可能です。 職場環境の良さや社員の人となりを画面を通じて消費者へ訴求し、来店率の向上を狙います。また、製造過程や設備を映すと安全性を感じてもらいやすくなるため、商品価値の向上が期待できるでしょう。

  • ようこそゲストさん
  • 無料会員登録をすると、多くの便利な機能がご利用いただけます。
  • ログイン
  • 新規会員登録
PAGE TOP