動画制作のメリットとは?活用ポイントもあわせて徹底解説!

動画制作には、テキストや静止画を使った広告よりも多くのメリットがあります。しかし、動画制作のメリットを把握しきれておらず、うまく活用できていないのでは、と感じていませんか。メリットを押さえて活用すれば、広告効果を高めやすいでしょう。 そこで、この記事では動画制作のメリットやデメリット、活用のポイントまで詳しく解説しているので参考にしてください。

動画制作のメリット

まずは、動画制作のメリットを見ていきましょう。

静止画と比べて情報量が多い

動画であれば、視覚だけでなく聴覚にも訴えかけることが可能であり、ユーザーへ負担をかけずにより多くの情報を届けられます。静止画や文章の場合、情報量を多くすると分かりにくく、情報量を少なくすれば正確な情報を届けられません。 動画の場合は、短時間でも多くの情報量を届けられます。さらに、印象に残りやすいので制作者の意図を十分に伝えられるでしょう。

直観的なイメージを伝えられる

広告ではいかに商品をイメージしてもらえるかが大きなポイントです。広告のイメージと実際の商品にギャップが生じれば不信感にもつながるでしょう。その点、動画の場合はテキストでは伝わらない繊細なニュアンスまで伝達可能です。例えば、実演動画ならその効果をうまく伝えられます。実際に商品を使用する体験には及びませんが、場所を選ばずに擬似体験ができる利点があります。ユーザーも具体的に使用イメージができることで、購買意欲がかき立てられるでしょう。

対象者の興味をひけるため、見てもらいやすい

動画は静止画よりも目に留まりやすいため、幅広い層にアピールできるでしょう。文章の読解がストレスになる方は多くいますが、動画を見るのが苦手な人は少ないです。言葉が分からない人にもイメージが伝わるので、より多くの人に情報を伝えられます。また、動画広告は静止画やテキスト広告と比較すると、クリック数が高い傾向です。再生ボタンを押すだけで自動的に情報が流れるので広告閲覧の敷居が低くなります。

拡散されやすく、活用の幅が広い

動画広告は自社のHP以外にも、YouTubeなどの動画サイトやTwitter、FacebookなどのSNSに掲載しやすいです。特にSNSであれば気軽にいいねを押してもらうことができ、拡散されやすいでしょう。

費用対効果が高い

動画は情報量が多いコンテンツであり、ホームページなどに埋め込むと検索上位に表示されやすくなります。そのためテキストのみのSEO対策を行うよりもマーケティングの効果を得やすいでしょう。また、動画広告によって、パンフレットの配布や店頭イベントにかかる費用を削減できます。限られた場所でパンフレットを配布するよりも動画広告の方が、多くの人に情報が届くので費用対効果は高いといえるでしょう。

動画制作のデメリット

つづいて、動画制作のデメリットを見ていきましょう。

コストと時間がかかる

自社で動画制作を行うためには、専門的な知識や技術を持つ担当者が必要です。もし、社内に動画制作を行える人材がいなければ外注することになるでしょう。動画制作を外部委託した場合、費用の相場は10万円から50万円ほどです。また、仮に社内に動画制作できる人材がいたとしても、効果的な動画を作るためには労力がかかります。費用や時間が想定よりもかかり過ぎれば、費用対効果は悪くなっていきます。動画を制作する場合は、費用とスケジュールを考慮することが大切です。

品質が悪いとイメージ低下につながる

動画制作においては、高品質であることが求められます。。品質の低い動画は商品・サービスのメリットや効果が伝わりにくく、かえってイメージを損ねる可能性が否めません。ただし、一度完成させた動画を修正して品質を上げるのは難しいので注意しましょう。

ターゲティングを間違えると視聴者にストレスを与える

動画広告の方法やターゲティングを間違えた場合、視聴者にストレスを与えイメージダウンになることもあります。視聴環境によっては動画がスムーズに再生されないケースもあります。特に、広告動画が邪魔になり、目当てのコンテンツが視聴できないと不快に思う人は多くいるでしょう。そのため、ターゲティングを正しく行い、実施する広告の種類を慎重に選ぶことが大切です。

動画の活用ポイント3つ

最後に、動画を活用するためのポイントを見ていきましょう。

1.伝えたい内容をコンパクトに

動画の内容が魅力的でなければ、最後まで見てもらえない可能性が高いです。特にWebマーケティングで利用する場合は、伝えたい内容をできるだけコンパクトにすることが求められます。社内研修用の動画制作においても、何を伝えたいのかを明確にしてインパクトを持たせなければなりません。 専門的な知識がない人が動画制作をすると魅力を上手く伝えられず、企業イメージが低下する可能性があるため注意してください。ただし、すべてを外注するのは望ましくありません。自社の魅力を1番理解している企業側がシナリオ作成を担当するのが良いでしょう。ポイントは視聴者を飽きさせないシナリオを作成し、魅力的なストーリーを考えることです。

2.ターゲットと目的を明確に

動画広告のターゲットと目的によって、動画の長さや構成は大きく変わるでしょう。YouTubeのような広告であれば15秒ほどで魅力を伝えなければなりません。社内の研修用の動画であれば数十分にも及びます。決められた時間の中で印象を残すため、ターゲットを限定して、ニーズに訴えかける必要があります。ターゲットのニーズを捉え、目的に沿った動画であれば注目してもらえるでしょう。

3.検索エンジンに内容をアピール

動画をWebページに掲載することで検索順位は上がりやすくなります。しかし、動画の内容を検索エンジンにアピールしないと、SEO対策としては十分な効果が得られません。テキストで何の動画なのか示した方が、検索エンジンが動画内容を認知しやすくなるでしょう。具体的には、内容が分かりやすい動画タイトル・サムネイル・説明文を設定することが必要です。

活用ポイントを押さえてターゲットへ効果的に伝えよう!

動画制作には以下のようなメリットがあるので、有効活用することをおすすめします。

  • 静止画より情報量が多い
  • 直観的にイメージを伝えられる
  • ユーザーの興味を引き、見てもらいやすい
  • 拡散されやすく、活用の幅が広い
  • 費用対効果が高い
動画制作には費用や労力がかかる点を考慮し、品質を高める施策の実施が必要でしょう。まずはターゲットと目的を明確にし、伝えたい内容をコンパクトに伝えられるようにしてください。

  • ようこそゲストさん
  • 無料会員登録をすると、多くの便利な機能がご利用いただけます。
  • ログイン
  • 新規会員登録
PAGE TOP