動画制作の流れとは?プロに依頼するメリットと注意点もまるわかり!

動画制作会社に作成依頼をする際、どのようなステップを踏むのでしょうか。実際に依頼する前に、その流れを知っておきたい人は多いでしょう。また、後悔しないために依頼時の注意点を知りたい人も多いかもしれません。 この記事では、プロに依頼して動画を制作する流れと、依頼するメリット、注意点について解説します。ぜひ、効果的な動画を制作する参考にしてください。

動画制作を依頼する流れ

動画制作を依頼する流れを見ていきましょう。

1.打ち合わせ・ヒアリング

動画に限らず、何かを制作するときは始めにヒアリングを行います。しかし、特に動画制作においてヒアリングは重要視されています。 なぜなら、制作途中での変更が難しいためです。万が一変更の必要が生じれば、スケジュールに大きな悪影響を及ぼすでしょう。 ヒアリングでは、具体的に以下のような内容を決定します。

  • 映像の概要・テーマ
  • 訴求したい内容
  • 伝えたいメッセージ
  • 想定するターゲット

これらをヒアリングの中で決定、あるいはすでに思い描いているものを制作会社に伝えます。認識の齟齬が生じないよう、綿密な意思疎通を心がけましょう。

2.企画

ヒアリング内容を基に、企画書が作成される段階です。制作会社からラフ画などを用いて提案されるのが一般的です。その案で問題なければ次の段階へ進みますが、企画会議を行い詳細な事項を決定することもあります。

3.シナリオ・コンテ制作

企画書を基に台本を作成する段階です。 台本はまず制作会社から提出されます。クライアント側でそれを確認し、フィードバックを行いましょう。このやり取りを何度か繰り返して台本が完成します。一度で決まることはほぼないため、密接なコミュニケーションを取りながら台本を理想形に近づけていきましょう。これで良いと思える台本が完成したら、それをスタッフ間で共有します。

4.ロケハン・撮影準備・撮影

映像制作に必要な機材や小道具、ロケーションをそろえましょう。自社内で撮影する場合は、あらかじめ場所の手配をしておく必要があります。 それらをそろえて台本のチェックを終えたら、本撮影を行います。

5.仮編集・本編集

動画を構成する各シーンを撮影したら、それを編集して1本の動画にします。 始めに行うのは仮編集です。どの部分を採用し、どの部分をカットするかなど、大まかな構成要素を決定します。その後、BGMやナレーションも試験的に入れ、全体像を把握します。 続いての本編集の目的は、内容のブラッシュアップです。メッセージが伝わるか、映像の質に問題はないかなどを確認しましょう。

6.音入れ

本編集の後、BGMやSE、ナレーションを本格的に入れていきます。収録当日は、スタジオでクライアントが同伴し、動画のイメージとマッチしているか確認します。業界用語の読み方に間違いがないかといった部分もチェックしましょう。

7.試写・メディア化・納品

編集と音入れにより動画が完成したら、試写を行います。すでに何度も確認はしていますが、この段階でもクライアント自身がしっかりチェックしましょう。気になる部分があれば、修正点として指摘します。 ただし、大掛かりな修正はできません。後悔しないよう、各段階での綿密な確認が大切です。 試写を終えたら、メディア化・納品されます。一口にメディア化といっても、DVD収録やモバイル向け映像化など方法はさまざまです。制作会社によって対応方法が異なるため、選定時に注意しましょう。

動画制作をプロに依頼するメリット

動画制作を専門会社に依頼するメリットを3つ紹介します。

映像の質の高さ

撮影には技術が必要です。素人でも撮影自体はできますが、プロが行うのとではその質に大きな違いが生じます。 また、撮影機材の差も大きいでしょう。カメラだけでなく、マイクや照明など、一般のものより品質の高い機材を利用して撮影します。自社で普通の機材を用いて撮影するより、高品質な映像になるのは間違いありません。 どのような目的であっても、映像の質が高いほうが視聴者にメッセージが届きやすくなります。高い効果を期待したいのであれば、プロに依頼したほうがよいでしょう。

企画や構成の無駄のなさ

映像自体の質が優れていても、その中身に無駄があれば優れた動画にはなりません。つまり、動画作成では企画や構成の質も重要ということです。 ところが、素人がやると雑然とした動画になりがちです。無駄な情報が多い、あるいは必要な情報が入っていないなどの問題が生じます。 一方、プロは企画力・構成力も優れています。どのような映像にすれば視聴者の印象に残るか教えてくれるでしょう。その中で自社が本当に伝えたいことが浮き彫りになり、視聴者に分かりやすい動画が実現します。

編集技術レベルの高さ

プロが用いる編集ソフトは、一般のものよりも多くの機能を備えています。複雑で扱いにくく、専門知識が必要になる一方、高度な編集が実現します。 たとえば、印象的なエフェクトを使うことで、動画のインパクトを強められるでしょう。また、細かいずれの調整や滑らかな映像の接続などにより、視聴者の集中力が途切れない動画を作れます。 また自社で編集すると、誤って大切なデータを消してしまうという事故も考えられます。プロに任せればそのような心配をしなくてよいのも魅力です。

動画制作を依頼するときの注意点

動画制作を依頼する際の注意点を3つ紹介します。

どんな動画を作りたいか明確に決めておく

どのような動画が魅力的かは一概に決められないため、自社内でも意見が割れることがあります。しかし、動画の骨子を社内で明確に決めておかなければ、無駄な修正依頼が発生します。これは映像制作会社の負担になるのはもちろん、自社にとっても意味のないやり取りが増えるばかりです。 動画の概要や訴求内容だけでなく、予算や納期なども社内で明確に定めたうえで制作を依頼しましょう。また、これらの内容によって適切な制作会社は異なります。適切に選定するうえでも、事前に社内で合意しておくことは欠かせません。

制作会社の得意分野を確認する

どのような表現を強みとしているかは制作会社によりけりです。そのため、同じ内容を依頼しても、制作会社によって大きく異なるものができ上がるでしょう。制作会社の強みを理解せずに依頼すると、イメージと違う映像が納品される恐れがあります。 適切な制作会社を選ぶためには、その会社の実績を教えてもらうとよいでしょう。いくつかの制作会社の事例を比べ、もっとも自社のイメージに近い映像を作る会社を選びましょう。

見積もりの内訳を確認し予算を明確に伝える

映像制作途中で発生する修正や追加要素に伴い、費用が増加する恐れがあります。そのときに後悔しないために、あらかじめ見積もり内訳や予算を確認しておきましょう。 見積もり内訳を見ておけば思わぬ追加請求を避けられます。その中に入っていない要素があれば、そのコストについて問い合わせましょう。特に、修正やロゴ作成などは見積もり内訳とは別途料金が発生することが多いため要注意です。 また、予算を制作会社に伝えておけばその範囲内で作ってくれるでしょう。あとでトラブルが起きないよう、認識の齟齬を防ぐことが大切です。

プロに依頼して高品質で効果的な動画制作をしよう!

プロに動画制作を依頼する流れは以下のとおりです。

  1. ヒアリング
  2. 企画
  3. 台本作成
  4. 撮影準備・本撮影
  5. 編集
  6. 音入れ
  7. 試写・納品

また、プロに依頼するメリットは以下のとおりです。

  • 質の高い映像
  • 洗練された企画・構成
  • 高度な編集技術

依頼時には以下の点に注意しましょう。

  • 自社内で動画の骨子を決める
  • 制作会社の強みを知る
  • 予算を確認する

ぜひ参考にして、高品質な動画を作成してください。

  • ようこそゲストさん
  • 無料会員登録をすると、多くの便利な機能がご利用いただけます。
  • ログイン
  • 新規会員登録
PAGE TOP