動画制作の料金相場は?費用を抑える方法も詳しく解説!

マーケティングや広告活動に動画を用いようと考え、動画制作を行う企業が増えています。しかし、動画を制作する際にどれくらいの料金がかかるか分からずに困ったことはありませんか。動画を制作するときにはコストと品質のバランスを考慮することが大切です。 そこで、この記事では動画制作の料金相場を詳しく解説していきます。 動画制作の費用を抑える方法もあわせて紹介するので参考にしてください。

動画制作にかかる費用の相場

まずは、動画制作にかかる費用の相場を見ていきましょう。

自作する場合

動画制作を自分で行う場合は、動画の品質にこだわらなければ費用を抑えることは可能です。しかし、持っていない機材を購入すると割高になるケースもあります。また、動画制作には時間がかかるため、急いでいる場合は自作ではなく外部に依頼した方が良いです。動画を制作するときに必要な機材と相場は以下のとおりです。

・パソコン
動画を編集するにはパソコンが必要なので、ない場合は購入します。安価で性能が低いものでも編集できますが、品質は落ちるでしょう。相場は20,000円~30,000円ほどです。しかし、こだわりたい場合は100,000円以上の性能が良いものを購入するのがおすすめです。
・動画編集ソフト
動画を編集するためには専用の編集ソフトが必要です。無料で使えるフリーソフトもありますが、機能が充実したソフトを購入する場合は10,000円~20,000円ほどかかります。
他にもスキャンが必要ですが、現在は撮影したカメラから直接データをパソコンに送信できます。

個人に依頼する場合

自作する場合、機材が揃っていればそこまで費用はかかりませんが、品質を上げるためには技術が必要です。動画制作のフリーランスの方に依頼すれば、自作するよりも品質を上げられ、制作会社よりも費用を抑えられます。個人に依頼する場合の費用の相場は、50,000円~100,000円ほどになるでしょう。 知り合いに個人で動画制作をしている人がいれば、お友達価格として安くなるかもしれません。しかし、品質が高くないのにも関わらず映像制作会社と同様の料金を請求される場合もあるので注意してください。

動画制作会社に依頼する場合

動画制作会社に依頼する場合は品質を保証されますが、もっとも費用は高くなります。料金の相場は300,000円~500,000円ほどになることが多いです。主に動画広告の料金は制作チームの人件費と、撮影に必要な機材費で決まります。目的別の動画制作の費用相場は以下のとおりです。

・記録用動画
セミナー・式典のイベントの様子を記録用として撮影し動画を制作します。カメラマンが現地で撮影するためインタビューで100,000円前後、セミナーのように時間が長い場合で400,000円前後です。
・PR動画
PR動画の場合は目的によって動画の長さや掲載する媒体も変わってきます。そのため50,000円程度でできる場合もあれば、1,000,000円以上かかるケースもあるので注意してください。
・展示会・イベント用動画
イベントなどで上映するための動画制作です。撮影を内製化すれば100,000円かからないケースもあります。しかし、全て込みで依頼すると300,000円以上かかるでしょう。

動画制作のプロセスとそれぞれにかかる費用

つづいて、動画制作のプロセスとそれぞれにかかる費用を見ていきましょう。

企画構成・ディレクション

動画制作の根幹となる企画構成やディレクションは、まず最初に行うプロセスであり費用が高額になります。動画の目的やスケジュールによっても変わりますが、安くても100,000円ほどかかることが多いです。企画にこだわり日数が長くなれば、ディレクションの費用だけでも300,000円を超えることがあるので注意してください。

シナリオ作成・撮影

構成作家にシナリオを作成してもらい、カメラマンに撮影してもらえば、それぞれに費用がかかります。他にも照明などの機材を用意すればさらに費用はかかるでしょう。各担当者の人件費の相場は100,000円前後です。しかし、50,000円ほどで依頼できるケースもあれば、合計で1,000,000円以上かかるケースもあるので注意しましょう。

ナレーター・音楽

動画にナレーションや音楽を挿入する場合、プロに依頼すると費用が発生します。有名なタレントや声優にナレーションを依頼すれば人件費で100,000円以上かかることもあります。 フリー以外の音楽を利用した場合はJASRACやISUMへの許諾申請料を支払わなければなりません。1曲当たりの相場は3,000円~5,000円程度です。もちろん、ナレーションを内製化しフリーの音楽素材を利用すれば費用はかかりません。

編集・メディアオーサリング・出力

編集費用は依頼する個人によって費用が異なります。相場は30,000円~150,000円ほどになるでしょう。また、動画を編集する際には視聴可能な形式に変換するエンコードが必要です。編集をこのエンコードのみにすれば、3,000円から5,000円前後でデジタル化することができます。

動画制作の費用を抑える方法

動画制作の費用を抑えるためには、一部を自作し残りを委託する方法がおすすめです。自社でスキルが足りない部分を動画制作会社に依頼すれば、費用を効果的に抑えられるでしょう。 費用を抑える具体的な方法は以下のとおりです。

  • 編集だけ依頼
  • 撮影は自分で行う
  • 出演・ナレーションは自分で用意する
  • 質にこだわりすぎない

編集の修正作業に別途費用が生じるケースもあるので、修正が発生しないよう万全に準備を行うことが大切です。 動画制作の知識や技術がない場合は、全てを委託した方が失敗しないので安全でしょう。

費用を抑えて高クオリティな動画の制作を依頼しよう!

動画制作にかかる費用は、パターンごとに相場が異なるので注意してください。

  • 自作する場合はもっとも費用がかからないが、機材が必要
  • 個人に依頼する場合は品質が良く、動画制作会社よりも安いことが多い
  • 動画制作会社に依頼する場合、品質がもっとも良い分費用は高額

費用を抑えるためには制作プロセスと費用相場の把握が重要です。必要なプロセスだけを委託し、費用を抑えて高品質な動画を制作しましょう。

  • ようこそゲストさん
  • 無料会員登録をすると、多くの便利な機能がご利用いただけます。
  • ログイン
  • 新規会員登録
PAGE TOP