動画制作会社12社を徹底比較!失敗しない選び方のポイント6つ!

動画制作会社に依頼して商品やサービスのPRを行う企業が増えています。しかし、動画制作会社は多くあるため、どの業者を選べば良いか分からずに困ったことはありませんか。満足いくような動画を制作するには最適な会社を選ぶ必要があります。そこで、この記事ではおすすめの動画制作会社を12社紹介していきます。 失敗しない選び方のポイントもあわせて紹介するため参考にしてください。

おすすめ動画制作会社12選

つづいて、他にもおすすめの動画制作会社を見ていきましょう。

まずは、BIZトレンドに掲載されている動画制作会社をご紹介します。

圧倒的クオリティで他社との差別化を図ります。
企画から構成・撮影まで、映像制作に関わるすべての工程をワンストップ。
無駄な出費を抑え、圧倒的価格で制作することができます。

掲載会社:株式会社メガ

対応従業員規模 対応エリア
全ての規模に対応 全国

営業や業務の効率化におススメ!端末を選ばずに見られる動画学習。
モバイル業界で培ったノウハウを集約したeラーニングサービスです。
ビジネスマナーや接客スキルなど、貴社のニーズに合わせた動画を提供いたします。

掲載会社:株式会社キャリアデザイン・アカデミー

対応従業員規模 対応エリア
全国・全対応 全国

上記の制作会社へは、一括で資料請求していただくことが可能です。また、資料請求は、BIZトレンドから直接おこなっていただくことが可能です。

動画制作のアウトソーシング企業をお探しの方はコチラ
◆株式会社プロジエ
株式会社プロジエはシネマカメラを駆使した高品質な映像を提供しています。打ち合わせも密に行うことができ、遠方の場合はビデオ会議も可能。対応している業種や要望の幅は広いので依頼しやすいでしょう。企業のブランディングから販売戦略に関する動画まで制作を実施できます。
株式会社プロジエ~動画制作~
◆株式会社モーション・ビジュアル・ジャパン
株式会社モーション・ビジュアル・ジャパンでは、企業のありのままを伝えるドキュメンタリ―動画を得意としています。短時間で濃密な情報を届けられるため、ホームページ以外にも展示会や採用活動などで利用可能。まるでテレビ番組のような、メッセージ性が高い映像を作れます。
株式会社プロジエ~動画制作~
◆90 Seconds
 
90 Secondsは映像制作を効率良く行えるプラットフォームを提供している会社です。自社で映像を制作するだけでなく、世界中にいるスタッフに依頼することも可能。また、オンライン上で進捗管理を行えるため、自社の都合に合わせた動画制作ができます。
映像・動画制作 実績豊富・高品位・リーズナブル 90 Seconds Japan株式会社
◆Crevo
Crevoは最先端の技術を活用して動画制作を行っており、幅広いジャンルに対応している業者です。実写だけでなく、アニメーションの動画制作にも強みがあります。実写映像の中にアニメーションを織り交ぜることも可能。自社独自の映像を制作したい企業におすすめです。
株式会社プロジエ~動画制作~
◆LOCUS(ローカス)
LOCUSは動画制作以外にもイベントの運営を行っており、高い企画力を持っています。動画制作に関しては企画から仕上げまでではなく、配信設計から広告運用まで依頼が可能です。動画制作実績は年間に1,000本を超えており、安心感もあるでしょう。また、映像クリエイターは600名以上いるため、本格的な動画制作も可能です。
◆ARTTV(アートテレビ)
 
ARTTVは動画制作以外にもホームページの制作やマーケティング戦略の立案を行っている業者です。映像制作の分野においては、CMからプロモーション映像、Web広告など幅広く手掛けています。商品やサービスの課題に対して適切にアプローチするため、最適な動画マーケティングを行えるでしょう。
株式会社アートテレビ|映像企画制作・WEB制作|広島・岡山
◆Borderless
  
Borderlessはクリエイターが営業から企画、打ち合わせ、納品まで実施しています。自社の目的やニーズをそのまま反映してくれるため、失敗しにくいです。クライアントの要望に応えるだけでなく、随時提案もしており、質が高い動画制作を行えます。
映像制作・動画制作の実績なら東京の制作会社【ボーダーレス】
  
◆株式会社ジェー・ピー・シー
株式会社ジェー・ピー・シーは最新鋭の映像スタジオを持っており、高品質な動画を撮影できます。映像制作のシナリオから編集、3DCGを使って合成することも可能。CG専門のクリエイターと設備が整っているため、最新鋭の映像制作も実現できます。
広告・映像・WEB制作は東京・大阪・京都のJPC
◆株式会社プルークス
 
株式会社プルークスは動画制作・動画マーケティングを行っている業者であり、コストパフォーマンスが高いです。動画を制作するだけでなく、動画マーケティングも実施しているため適切に運用できます。アニメーション映像の制作から実写映像まで幅広くカバー。自社のニーズにも対応してもらえるでしょう。
映像制作・動画制作なら株式会社プルークス(東京・中央区)
◆UGOKIE(ウゴキエ)
 
UGOKIEは映像プランの提案から企画、編集、納品まで一元管理しながら制作を進められる業者です。制作した動画の納品後のサポートまで充実しているため、安心して依頼可能。料金プランは決まっており、自社のニーズに合わせて発注できます。
動画制作・映像制作はUGOKIE[ウゴキエ]がトータルサポート
動画制作のアウトソーシング企業をお探しの方はコチラ

映像制作会社を選ぶ際の6つのポイント

最後に、映像制作会社を選ぶ際のポイントを6つ見ていきましょう。

1.制作会社に実績があるか

制作会社を選ぶときは信頼できる実績や、制作したい動画のイメージに近い制作実績があるかチェックしてください。多数の制作実績がある動画制作会社であれば、満足いく品質の動画が完成するでしょう。

一般的には動画制作会社のHPに今までの制作実績が記載されていることが多いです。しかし、中には制作実績を公開していない会社もあるため注意してください。これまでの制作実績がなければ、動画のクオリティを判断できません。このような場合は、正式に依頼する前に問い合わせてみて、相談するのがおすすめです。

また、実績があれば良いというわけでもありません。実績の映像がどれくらいの予算で作られたかで、品質は大きく変わってきます。制作したい映像と条件が近い実績を参考にしましょう。

2.制作会社の得意分野が自社に合っているか

最適な動画制作会社を選ぶときには、まず自社の目的や目標を明確にし、それを達成できる業者か確認してください。動画制作会社にはそれぞれ、ジャンルや映像の作り方の得意分野があります。

例えば、CGが得意な会社もあれば、アニメーションや実写映像が得意な会社もあるでしょう。自社の目的や制作したい動画に合わせて、その領域に強みがある制作会社を選ぶことが大切です。

3.自社に合った提案をしてくれるか

初めて動画制作会社に依頼する場合や、自社に動画に関するノウハウがない場合は、会社の提案力を重視します。自社のニーズ・目的を伝え、それに適した内容の企画を提案してくれれば、納得がいく動画を制作できるでしょう。

もし、提案力がない企業に依頼すると自社が主導となって制作が進むことになります。そのため、経験やノウハウがない状態だと失敗する可能性は高くなるでしょう。イメージに合った動画を制作するためにも、最適な提案をしてくれる会社を選ぶことが重要です。

4.信頼できるディレクターか

動画制作会社を選ぶときは、会社だけでなくディレクションを行う担当者が信頼できるかどうかも重要です。良さそうな動画制作会社だったとしても、担当する映像クリエイターによって完成品の質は変わります。

担当者が信頼できるか判断するときには、発注者の意図を理解してくれるかどうかを確認しましょう。意図を理解した上でマーケティングの視点を持ってディレクションを行える担当者であれば信頼できます。また、クリエイター自身の経験や実績も参考になるため確認してください。

5.事前に明確な費用が決められるか

動画制作会社を選ぶときは、どれくらいの費用がかかるかも確認することが大切です。企業で動画を制作するときには、かけられる予算が決まっているでしょう。いくら条件が良い動画制作会社でも予算をオーバーしてしまえば依頼できません。そのため、事前に見積りを依頼して料金を把握しておくことも重要なのです。

制作会社を選ぶときは、事前に明確な費用が決められる会社をピックアップしましょう。また、契約時にトラブルが起きないように注意してください。 近年では、動画制作の需要が高まっているため比較的安い価格で制作を請け負う企業も増えています。しかし、安い料金には理由があり、機材のグレードや、クリエイターのレベルが低いことも少なくありません。安すぎる業者を選ぶと失敗することもあるため、慎重に選んでください。

6.サポートが充実しているか

制作を担当してくれるディレクターがどのような人物なのかを確認しておきましょう。依頼している案件が他社や個人に丸投げされている状況になってしまうと、サポートに期待できません。そうなってしまえば、期待どおりの出来ではなかったときに修正やメンテナンスなどを受けることができないかもしれません。

動画制作において、企画から納品までの連携が重要になります。これらの業務がかけることが無いよう進めてくれるかをチェックしましょう。

動画制作のアウトソーシング企業をお探しの方はコチラ

自社のニーズに合った動画制作会社に依頼しよう!

動画制作会社を選ぶときには、まずどのような目的で制作するのかを明確にすることが大切です。完成品のイメージや予算を決めて、ニーズを満たせる業者を選定する必要があります。動画制作会社を選ぶポイントは以下のとおりです。

  • 実績があるか
  • 動画の得意分野が自社に合っているか
  • 提案をしてくれるか
  • 信頼できるディレクターか
  • 事前に費用が決められるか

動画制作を委託した際の見積もり相場

動画制作の見積りを数社に依頼する場合、料金が大幅に異なる場合があります。 その理由に、動画の目的や品質が挙げられるでしょう。 一般的にセミナーや講演会などの記録を目的とした動画は、商品のPR動画より料金が安いです。記録目的の場合は10~40万円、PR動画の場合だと100万円以上することもあります。ほかに展示会などのイベントが目的の動画は、プロが撮影すると高額になるでしょう。 また、各社の料金の違いはクオリティの差だといえます。 企業によって使用する機材・人的コストは異なり、料金に見合ったコストを動画制作にかけているのです。

動画制作費用の内訳

動画制作費用の内訳をそれぞれ解説します。

企画・構成作成費

企画・構成費は、動画のシナリオや効果的な見せ場を考える業務に係る費用です。 誰に対して何を伝えるのか。また目的を伝えるにはどのような演出が効果的なのかを考えます。脚本の作成からプレゼン資料の作成に至るまでの業務を担当。顧客と協議を重ね、動画の方向性を決定します。訴求効果の高い動画制作のため、訴求物の下調べを行うことも多いです。 また、企画・構成費は脚本の構成内容によって料金が大きく異なります。テンプレートに沿ってシナリオを作成する場合、オリジナリティは欠けますが料金を抑えることが可能です。一方、一からシナリオ作成する場合は下調べや訴求方法の提案などを行うため料金は高くなります。

ディレクター費

動画に係るすべての工程を取り仕切るディレクターの人件費です。 ディレクターは動画制作の全行程において指揮を出します。また、顧客との打ち合わせやロケ地選定、キャスティングなどの業務も担当します。スムーズな動画制作はディレクターの手腕にかかっているといえるでしょう。 ディレクター費はシナリオ・ロケーションハンティングの有無によって料金に大きな開きが出ます。これら2つは、動画のクオリティを左右する重要な工程です。これらが加わることで、ディレクターの業務や負担が増え、料金が高くなります。

撮影機材費

撮影機材費は、カメラや照明・音声機材にかかる費用です。カメラの種類は、業務用ハンディカメラや映画などに使われるデジタルシネマカメラなどがあります。この種類によって、映像のクオリティや画質、費用に大きな差が出ます。そのため、費用の内訳はよく確認しておきましょう。 撮影機材費は、カメラの種類や使用する機材で料金が異なります。クオリティを求める場合、シーンごとにカメラレンズを替えることになるため、撮影に使用する機材が増えるでしょう。そのため、料金は高額になります。

カメラマン費

カメラマン費は、撮影全般にかかる人件費です。 カメラ操作は技術によって映像のクオリティが左右されます。そのため、カメラマン費は技術量によって大きな開きがあるでしょう。 また、撮影規模・内容によって料金は大幅に変動します。ハンディカメラでカメラマン1人が撮影をする場合、費用はリーズナブルです。しかし、本格的な撮影の場合、カメラマンに数人のアシスタントがつく場合もあります。また、カメラマンがロケハンに同行し撮影場所の下見を行う場合もあるでしょう。ほかの機材のエンジニアも必要なため、料金は高額になりやすいです。

動画編集費

映像を編集する際に係る費用です。 ディレクターと一緒に映像の編集をします。編集は3つの工程に分かれ、映像をつなぎ合わせCGなどの加工を行い、音を付けます。 動画編集費は編集作業の時間次第です。そのため、動画自体の時間が長いほど、料金は高くなりやすいです。また、音声にナレーターを起用すると人件費が発生します。アニメーション動画の場合、声優が必要です。 構成そのものをフォーマットで作成するケースでは、編集作業もフォーマットで行うことがあります。その場合、コストを抑えることが可能です。

動画制作のアウトソーシング企業をお探しの方はコチラ

動画制作会社の選び方

動画制作会社を選ぶ際の4つのポイントをそれぞれ解説します。

会社に実体・実績があるか

動画制作会社は実体のない会社が多いです。プロジェクトごとにフリーランスを集め、終了すると解散します。秘匿義務の認識は個人によってばらつきがあるため、情報漏えいのリスクがあります。新商品のPR動画の場合、リリース前の情報が第三者に漏えいする可能性があるでしょう。 リスク回避のため、実体のない制作会社には注意してください。事務所の規模を確認したり、依頼前に事務所を訪問するのがおすすめです。 また動画制作を依頼する際は、実績も確認しましょう。実績からは、提供する動画の雰囲気とクオリティがわかります。ホームページ上で実績を紹介している企業が多いため、そちらをチェックしてください。一方で実績を非公開にしている企業もあるので、その場合は問い合わせましょう。逆に、実績を確認できない会社には要注意です。 実績のある会社はノウハウやアイデアを持ち合わせているもの。依頼前の実績確認は大切です。

自社が求めるものを実現できるか

動画制作を依頼する場合、自社の目的を明確にして、それに対応できる制作会社を選定することが大切です。たとえば「アニメーション動画」「CG動画」であれば、アニメーションやCGに特化した制作会社を選定すべきでしょう。 映像制作会社も得手不得手があり、撮影技術に定評のある会社、CGに強い会社などさまざまです。どういったジャンルに強い会社なのか、実績を見て確認しましょう。 また、どのようなテイストの動画を制作しているのかも依頼する上で重要です。 求めるテイストと制作会社が得意とするテイストが違うと、動画のイメージが正確に伝わりにくいです。その結果、満足な動画ができなかった、ということになりかねません。 そういった事態を避けるため、自社の求める動画を実現できるかどうか慎重な検討を重ねましょう。

費用対効果が高いかどうか

動画の制作を依頼する際は、コストとクオリティのバランスを大切にしましょう。 また、動画制作を依頼する場合は複数社に見積りをとり、各社に自社の求めるニーズを伝えてください。会社ごとにバラバラのニーズを伝えては正確な見積りがとれません。そして、料金だけで判断しないようにしましょう。料金の安さを重視すると、高品質な動画は期待できません。 自社の求めるクオリティとコストのバランスが最適なサービスを提供できる動画制作会社を選定しましょう。 また各社でサービス内容が異なるため、見積りの際は事前に内容を詳しく確認することが大切です。具体的に、提示された金額のサービス範囲や完成した動画を修正する場合の料金についてチェックします。 制作会社と協議を重ね、不明点がない状態で制作を依頼しましょう。

対応力が高いかどうか

顧客からの要望にどの程度対応できるのかも重要な選定ポイントです。 そのため、営業担当者の対応力が求められます。顧客のニーズを的確に把握し、スムーズなレスポンスができるかどうかチェックしましょう。対応力が高い営業担当者だとトラブル発生時にスムーズな解決が可能です。 また、制作終了後の要望にどの程度対応してくれるのかを事前に確認しましょう。 完成した動画の内容次第では、修正や編集などが発生することもあります。その際、顧客の要望に対応できる制作会社を選定しましょう。 さらに制作した動画の効果的な活用方法を提案してくれるかどうかも、有効な検討材料の1つです。

コストとクオリティのバランスが取れた制作会社を選ぼう

動画制作の見積り相場は目的や機材が関係するため明確な線引きはなく、一般的に料金が安い場合品質は期待できません。 また、動画制作費用の内訳は以下のとおりです。

  • 企画、構成費
  • ディレクター費
  • 撮影機材費
  • カメラマン費
  • 動画編集費

動画制作会社を選定する際は、会社の実体・実績を確認して自社のニーズに対応できるか確認してください。そして対応力が高く、コストとクオリティのバランスが最適な制作会社を選びましょう。

失敗しないようにポイントを押さえて動画制作会社を選定しましょう。

  • ようこそゲストさん
  • 無料会員登録をすると、多くの便利な機能がご利用いただけます。
  • ログイン
  • 新規会員登録
PAGE TOP