ケイ.イー.シー.(リーダーシップ)
業績達成・業務管理・人材育成のスキルアップ
方向性を定める
周囲に影響を与える
成し遂げる

サービス概要

研修テーマ リーダーシップ
研修形態 インハウス型
対象規模
(最低参加人数)
1名~
受講対象者 中堅社員,管理職,若手社員,経営者・役員,シニア社員
費用 別途お問い合わせ
研修スケジュール 半日,1日,2日,3日以上,応相談

サービスの特徴

「課題形成力」×「働きかけ力」 × 「パワー」=チームリーダー力

<リーダー研修>
優秀なプレーヤーが必ずしも優秀なチームリーダーになれるという訳ではありません。
成果をだせるチームリーダーは、「私は」という主語より「われわれは」という主語を
多く使います。
チームとしての成果を向上させていくことが、チームリーダーとしての成果となります。
成果を出せるチームリーダーになる為のポイントを学びます。

【学びのポイント】
■周囲が動く「影響力」
・リーダーシップは、チームや人に影響を与えて、周囲をリードする能力・技量です。
 成果・結果という方向を定め、周囲との人間関係に配慮しながらも、時には厳しい指示命令を
 与えるなどの「影響力」を発揮しながら、成果・結果へと結びつけなければなりません。
 また、周囲が自発的に行動する為には、目指すべきゴールへのコミットメントと共に、
 リーダーとしての魅力ある人間性も求められます。周囲への働きかけ力・影響力における
 ポイントを学びます。

■方向性を定める
・周囲を適切な方向へと導くためには、適切な方向をしっかりと見定めることが重要です。
 あるべき姿を描き、現状を的確につかみ、いまするべき課題を設定する力が必要です。
 リーダーとして持つべき「問題発見力・問題解決力」の向上を図ります。

■成し遂げる
・リーダーの姿勢としていかにあるべきか。その姿勢を表す言葉は、「何とかする」に尽きると
 考えます。
 目標を定め、現状を見極め、課題を設定し、限られた資源の中で、「何とかする」という
 姿勢・エネルギーを考察します。


<リーダーシップ>
【研修の目的】
リーダーシップとマネジメントとの違いを理解し、周囲を動かすための「働きかけ・影響力」を
考察し、今後のリーダーとしての自己コンセプトを確立する。

【研修の内容例】
■リーダーシップの基本
■チームマネジメントの基礎
・①目標設定 ②組織化 ③動機づけ&コミュニケーション ④人材育成 ⑤評価
■リーダーとしての「周囲との関わり方」
■リーダーとしての「仕事の進め方」
■リーダーとしての自己啓発と「自己コンセプトの確立」

サービスの特徴2

会社情報

ケイ.イー.シー.株式会社
〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-18-20

サービス一覧へ戻る
  • ようこそゲストさん
  • 無料会員登録をすると、多くの便利な機能がご利用いただけます。
  • ログイン
  • 新規会員登録
PAGE TOP