購入するより安い?レンタルユニフォームとは

購入するより安い?レンタルユニフォームとは

ユニフォームは、第一印象や衛生面に関わるため会社の信頼・売上に直結します。そのために、きちんと管理して最高の状態でユニフォームを活用したいですよね。そんな企業におすすめしたい、レンタルユニフォーム業がユニフォーム業界には生まれています。ここでは、レンタルユニフォームの概要と、レンタルユニフォームにすることのメリットについてご紹介します。

1 レンタルユニフォームとは?

レンタルユニフォームとは、文字通りユニフォームのレンタルをしてくれる会社です。ホテル業、飲食業、医療関係やアミューズメント関係と、様々な業界のユニフォームを用意しており、見た目や衛生面に配慮した清潔なユニフォームを利用できます。もちろんオリジナルユニフォームを作成してくれる企業もあります。

かかるコストは、月額制です。大抵は、契約年数が決まっており、2、3年程度の契約期間が主流です。企業によっては、クリーニング・補修も行ってくれます。ユニフォームを通常使用している限り、クリーニング・補修のための費用を別途払う必要はありません。

つまりレンタルユニフォームを利用すれば、ユニフォームの管理を、貸出企業が行ってくれるので、ユニフォームの管理について悩む必要がなくなります。

1 企業におけるユニフォームの悩み

ここで、企業におけるユニフォーム購入に関する悩みを一度整理してみましょう。

1悩みその1 初期コストが高い

ユニフォームを購入するとなると、最初にある程度一括購入します。その際のコストは、必要なユニフォームの着数×5千円~1万円くらいかかります。店舗開始前には他にもコストがかかっているのに、ユニフォームの出費は痛いですね。

1悩みその2 ユニフォームのコストが予測できない。

ユニフォームのコストにまつわる悩みがもう1つあります。ユニフォーム関連の経費が、曖昧なことです。アルバイトやパートの入退職のタイミングがわからず、新着ユニフォームを購入する枚数・時期がわからない、ユニフォームの補修が不定期にあるといったことは多くの企業共通の悩みです。

1悩みその3 退職する人のユニフォームを回収できない

ユニフォームの数を管理することは難しいです。例えば、退職する人のユニフォームをリユースしたくても、退職する人のユニフォームを回収できないことが往々にしてあります。

1悩みその4 ユニフォームの衛生面が気になる

ユニフォームを個人で洗濯すると、人によってユニフォームの清潔具合に差がでます。そうなると、衛生面に問題が生じます。また、落ちない汚れがユニフォームにこびりついて、見た目の問題に関わることもあります。

1 レンタルユニフォームのメリット

次に、企業の悩みを解決するレンタルユニフォームのメリットを4つご紹介します。

1 メリット1 ユニフォームが定期コストになる

レンタルユニフォームによって、ユニフォームの一括購入をすることがなくなります。そして、ランニングコストとして計算されるようになるので、経費が可視化され、予算を組むことが楽になります。

1 メリット2 サイズ交換・モデル交換ができる

人の入れ替わりが多い会社では、ユニフォームのサイズ交換が頻繁に行われるでしょう。ユニフォームを購入していると、サイズ交換のために新しいユニフォームを購入する必要がありますが、レンタルユニフォームでは、費用をかけずに、ユニフォームのサイズ交換をすることができます。

また、店の雰囲気を変えるために、モデル交換をしたいという時もあるでしょう。その時にも、費用をかけずにユニフォームのモデル交換ができます。

1 メリット3 クリーニング・補修に応じてくれる

企業によっては、ユニフォームを週に一度回収してユニフォームのクリーニングをしてくれる企業もあります。また、ボタンが取れていたり、糸がほつれていたりすると、補修も行ってくれます。

レンタルユニフォームは、ユニフォームを購入する場合と比べて、長期的にコストが高くなると考えられることが多いです。しかし、サイズ交換をしてくれたり、クリーニングをしてくれたりするので、実際、長期的なコストは安くなることが多いです。

1 メリット4 衛生的

クリーニング・補修を業者が行ってくれるので、衛生面の問題もなくなります。常にきれいなユニフォームだと企業としての信頼性もあがりますし、見た目の清潔感もあがるでしょう。

1 まとめ

質問ですが、服の寿命は一般的に何年くらいでしょうか。これは、ユニフォームを購入する場合と、ユニフォームをレンタルする場合のコスト比較に必要な知識です。実際に服の寿命は一般的に2~4年と言われます。

ユニフォームは、一般的な服よりも、動くことが多く、汚れやすい環境にいるために、一般的な服よりも寿命が短くなります。3年着続けたユニフォームは、よれやシミが目立ってくるでしょう。つまり、ユニフォームを購入すると3年後には、補修コストがかかってしまうか、場合によっては再度購入する必要に迫られます。

一方のレンタルユニフォームのコストは、月額料金を2、3年払い続けるとだいたい購入した時と同じ位の費用になります。しかし、ユニフォームの補修費用が新しくかかることはない上に、常に汚れのないユニフォームを使い続けることができます。

結果として、レンタルユニフォームの方が、安くなるのです。さらにレンタルユニフォームは、衛生的で、管理も楽です。レンタルユニフォーム切り替えには勇気が必要ですが、これを機にぜひ検討してみてください。

  • ようこそゲストさん
  • 無料会員登録をすると、多くの便利な機能がご利用いただけます。
  • ログイン
  • 新規会員登録
PAGE TOP