必見!レンタルユニフォーム会社の選び方

必見!レンタルユニフォーム会社の選び方

ユニフォームの市場規模はここ数年、少しずつですが成長しているといいます。成長の要因としては、介護ユニフォームの需要増加・東京オリンピックの準備による牽引があると思われます。
ユニフォームを使っている会社が増えている中でも、ユニフォームを購入するのではなく、レンタルユニフォームを利用するという企業が多数あります。今回は、レンタルユニフォームの導入を検討している企業に向けて、レンタルユニフォームの選び方をご紹介します。

icon導入する前に確認すること

導入する前に確認することは、ユニフォームのレンタル業者が、どのようなユニフォームを取り扱っているか、契約年数は何年かという2点です。

1①ユニフォームの種類

レンタルユニフォームの業者は、基本バラエティ豊富なユニフォームを取り扱っています。しかし、その種類には微妙な差があります。

値段を重視してシンプルなユニフォームを扱う業者や、少々値は張るけれどおしゃれなユニフォームを扱う業者などがあります。一方で、衛生面を追求して工場で働く人向けのユニフォームを中心とする業者や、見た目を重視したサービス業向けのユニフォームを中心とする業者があります。業者によって、取り扱うユニフォームは様々です。

まずは、自社で必要なユニフォームがどのようなユニフォームなのかを検討してみてください。なにを重視すればいいか困る時は、業者に相談することをおすすめします。

さらに、オリジナルユニフォームを扱う業者もいます。自社のロゴを入れたい場合など、オリジナルユニフォームを作りたくなる時もあるかと思います。そのような時はオリジナルユニフォームを取り扱っている業者を利用しましょう。

1②契約年数

レンタルユニフォームは、基本的に月額制で、また契約の年数が決まっています。契約年数はだいたい2,3年ですが、業者によって変化するので、最初に確認しましょう。

契約年数の途中で解約すると、違約金が発生する場合があります。自社のスケジュールと合わせて、ユニフォームの契約年数を確認してください。

1 最大限に活用するために確認すること

最後に、レンタルユニフォームを最大限に活用するために、ユニフォームのクリーニング・補修についての確認をしましょう。レンタルユニフォームの大きなメリットがユニフォームの管理が楽になることです。そのためには、クリーニング・補修をどのようにするか予め決める必要があります。

さらに自社の状況によっては、ICタグを埋め込まれたユニフォームを利用することも考えられます。簡単にですが、それぞれの活用方法をご紹介します。

1活用方法①クリーニング・補修の確認

ユニフォームのクリーニングは衛生的に重要なことです。清潔感などの第一印象にも関わってくるでしょう。そのため、レストランなど多くの企業が外注のクリーニングを利用していると思います。

レンタルユニフォーム業者の中には、クリーニングも行ってくれるところがあります。週に一度、ユニフォームを集めて、クリーニングをしてくれます。そのため毎週綺麗なユニフォームを使うことができます。

また、糸のほつれやボタンの紛失があれば補修も行ってくれます。クリーニング・補修の費用のための余分な費用がかかることはないので、ユニフォームの管理のために余分なコストがかかりません。

また、週に一度のユニフォームの回収の際に数を確認できるので、無駄にユニフォームをレンタルすることもなくなり、最低限のコストでユニフォームを運用できるようになります。

1活用方法②ICタグの確認

例えば、警備会社のように、ユニフォームが紛失した際にどこで紛失したかを確認できるシステムが必要な場合があります。そのような時には、ICタグやバーコードでユニフォームを管理できる業者を利用しましょう。

ICタグやバーコードで常にユニフォームの管理をしているので、ユニフォームが紛失・盗難にあった時、いつ紛失したか・いつ盗難されたかを特定できます。また、自分専用のユニフォームを毎週借りることができるために、他の人が着たユニフォームは使いたくないという場合にもおすすめです。

1 まとめ

レンタルユニフォームの選び方を6つご紹介しました。ユニフォームは自社の第一印象や衛生面を左右する重要なものです。レンタルユニフォームを検討するときには慎重に検討するようにしましょう。

  • ようこそゲストさん
  • 無料会員登録をすると、多くの便利な機能がご利用いただけます。
  • ログイン
  • 新規会員登録
PAGE TOP