床面積とは

読み/英語 ゆかめんせき/Floor Area
詳細 床面積とは、外壁または柱の中心線で囲まれた面積のことであり、正確には、「建築物各階の、区画の中心線で囲まれた部分の水平投影面積」のとこを指す。各階の床面積を合計したものを、述べ床面積(述べ面積)と呼ぶ。よく似た用語に「建築面積」があるが、建築面積と床面積は全く異なるものである。建物を真上から見たときの面積が、水平投影面積であり、面積を測るには当然「辺」を定める必要があるが、これは「区画の中心線で囲まれた部分」ということになる。区画の中心線は建築物が木造か鉄筋コンクリート造か鉄骨造かによって、柱の中心を通る線なのか、壁の中心を通る線なのかが違ってくる。よく問題になるのは、1階部分に設けられた、壁で囲わず開放した列柱空間を床面積に算入するかどうかだが、これはその場所の使い方による。
カテゴリ 社宅代行
BIZトレンドでは社宅代行関連サービスの比較・資料請求が可能です。
サービス比較ページへ
【全ページ】株式会社カルテットコミュニケーションズ様(上段1)
【全ページ】株式会社ビジネスブレイン太田昭和様_上段2_無償提供
  • ようこそゲストさん
  • 無料会員登録をすると、多くの便利な機能がご利用いただけます。
  • ログイン
  • 新規会員登録
PAGE TOP