固定資産税とは

読み/英語 こていしさんぜい/Fixed Asset Tax
詳細 固定資産税とは、毎年1月1日(「賦課期日」という)現在、土地、家屋、償却資産(総称して「固定資産))を所有している人がその固定資産の価格をもとに算定された税額をその固定資産の所在する市町村に納める税金で、1950年に創設された地方税である。都市計画税と合わせて納税し、税率は土地と家屋の課税標準額の100分の1.4である。 また、4分割での支払いができ、1期に分割分の端数が加算される。納付期限は、1期は4月、2期は8月、3期は12月、5期は2月。
カテゴリ 社宅代行
BIZトレンドでは社宅代行関連サービスの比較・資料請求が可能です。
サービス比較ページへ
【全ページ】株式会社カルテットコミュニケーションズ様(上段1)
【全ページ】日立トリプルウィン株式会社様_上段2_無償提供_20160616
  • ようこそゲストさん
  • 無料会員登録をすると、多くの便利な機能がご利用いただけます。
  • ログイン
  • 新規会員登録
PAGE TOP