ダストシュートとは

読み/英語 だすとしゅーと/Dust Chute
詳細 ダストシュートとは、高層建築物に設置するごみ棄て装置のこと。各階にある捨て口からゴミを捨て、最下階や地下にある集積所にゴミを集める縦穴状の設備である。「ダストシュート」は和製英語であり、英語では「Garbage chute」または「Rubbish chute」という。日本では、昭和30年代まで公団住宅などの高層の集合住宅に設置されたが、ビルの高層化やゴミ問題の可視化にともなって廃止されるようになった。学校では、木造校舎から鉄筋コンクリート校舎への立て替えが進んだ際にダストシュートが導入された場合も多いが、現在では児童、生徒の転落事故防止の観点から投入口をふさぐ処置を施しているところがほとんど。欧米では、まだ使われていることが多い。
カテゴリ 社宅代行
BIZトレンドでは社宅代行関連サービスの比較・資料請求が可能です。
サービス比較ページへ
【全ページ】株式会社カルテットコミュニケーションズ様(上段1)
【全ページ】日立トリプルウィン株式会社様_上段2_無償提供_20160616
  • ようこそゲストさん
  • 無料会員登録をすると、多くの便利な機能がご利用いただけます。
  • ログイン
  • 新規会員登録
PAGE TOP