社宅管理の代行を依頼したら、どれだけの工数削減になるの? シミュレーションで徹底検証!

面倒な管理業務は社宅管理代行会社に全部おまかせ!

社宅管理業務は不動産会社と社員の間に入り、社宅の新規契約、解約、更新に関わる手続きや賃料の振込み、保険の手配、入退去者の管理など様々なことを対応しなければなりません。近年、部屋ごとやフロアごとの借上げ社宅も多く、管理する戸数は多くなる傾向があります。戸数が増えればそれだけ対応も増えるので担当者の負担は大きくなります。社宅管理代行会社を活用すれば対応は代行会社に一本化されるので、担当者は内容の確認・承認と代行会社への支払いのみになり負担が大きく軽減されます。

【自社対応】・部屋探し・契約解約手続き・家賃振込み・敷金精算・更新手続き・書類送付・保険の手続き・入退去者の管理・支払調書作成・問い合わせ窓口など 【代行を依頼】・内容の確認・契約解約の承認・管理会社への支払い
社宅管理代行会社へ問い合わせをする

これだけ工数は削減できる!シミュレーションで検証

稼働戸数:100戸 解約戸数:25戸 新規契約戸数:25戸 更新戸数:75戸の場合

年間対応工数 自社対応 536時間 代行を依頼 120時間

※対応業務及び工数はあくまで想定です。企業または契約内容によって項目・数値は異なります。

約80%の工数削減 管理代行を頼んで工数が減っても、コストが増えるんだったらやらないよ! 上記のシミュレーションから年間コストを算出して比較 内製化 ■人件費 536時間×3,000円/h=1,608,000円 ■原状回復費(1戸10,000円で想定)解約25戸×10,000円=250,000円 計1,858,000円 代行を依頼 ■人件費 120時間×3,000円/h=360,000円 ■アウトソース費用(1戸1,250円/月で想定)100戸×1,250円/月×12カ月=1,500,000円 計1,860,000円

※アウトソース費用は代理人方式(代行会社が不動産の契約者となる)を想定しています。
※アウトソースした場合、原状回復費は代行会社が負担する条件と想定しています。

社宅管理代行会社に資料請求をする

比較サイトBIZトレンドを活用するメリット

社宅管理代行会社を比較して資料請求できるBIZトレンドには以下のような活用メリットがあります。

  1. 複数の企業をまとめて比較 掲載している社宅管理代行会社を一覧で比較することができ、気になる会社のサービスをリストに追加することで一括で問い合わせすることができます。
  2. 手間と時間を節約 BIZトレンドでは数多くある社宅管理代行会社の中から厳選した15社を掲載。サービスの詳細情報も記載しているので、情報収集の手間と時間を大幅に短縮できます。
  3. 役立つ資料がすぐに届く BIZトレンドからお問い合わせいただければ、お問合せ内容が掲載企業に直接通知されるので、すぐにほしい資料が手元に届きます。

社宅管理代行会社に問い合わせるにもどの会社を選べばいいかわからない BIZトレンドでは実績豊富な社宅管理代行会社を数多く紹介。エリアや対象の従業員規模での絞り込み検索も可能です。あなたのご要望に合った会社を見つけることができます。

厳選された社宅管理代行会社をご紹介

01 02 03 04 05
06 07 08 09 10
11 12 13 14 15
社宅管理代行会社に資料請求する