ビネー式知能検査とは

読み/英語 びねーしきちのうしんさ
詳細 1905年、フランスのビネーがシモンと協力して作成した知能検査のこと。アメリカのターマンらによって標準化され、スタンフォード・ビネー知能検査として発表された。日本では鈴木治太郎による鈴木・ビネー知能検査、田中寛一による田中・ビネー知能検査がある。問題が難易度順に配列されており、どの程度まで正解できたかで精神年齢(mental age)が求めら、これを生活年齢(chrchological age)で割って100倍し、知能指数(inteligence quotient)を出す。 幼稚園から小学校中学年の児童の一般知能の測定には適している。
カテゴリ 適性検査
BIZトレンドでは適性検査関連サービスの比較・資料請求が可能です。
サービス比較ページへ
【全ページ】株式会社カルテットコミュニケーションズ様(上段1)
【全ページ】日立トリプルウィン株式会社様_上段2_無償提供_20160616
  • ようこそゲストさん
  • 無料会員登録をすると、多くの便利な機能がご利用いただけます。
  • ログイン
  • 新規会員登録
PAGE TOP