有意差検定とは

読み/英語 ゆういさけんてい
詳細 リサーチなどの調査結果において、ある2つの値が統計的に意味のある差かどうかを判断する裏づけとなる検定の事。有意差検定において、導き出される値は有意水準、危険率と呼ばれる。有意水準とは、2つの値の差に意味がない確立の事である。この有意水準が5%以下であれば、2つの値の差に意味がない確立は5%以下であるということであり、統計的に差があるといえる。有意差検定の方法は、比率の検定方法や平均値の検定方法などがある。
カテゴリ ネットリサーチ
BIZトレンドではネットリサーチ関連サービスの比較・資料請求が可能です。
サービス比較ページへ
【全ページ】株式会社カルテットコミュニケーションズ様(上段1)
【全ページ】日立トリプルウィン株式会社様_上段2_無償提供_20160616
  • ようこそゲストさん
  • 無料会員登録をすると、多くの便利な機能がご利用いただけます。
  • ログイン
  • 新規会員登録
PAGE TOP