ハインリッヒの法則とは

読み/英語 はいんりっひのほうそく
詳細 1:29:300の法則とも言われて米国のハインリッヒ氏が労働災害の発生確率を分析したもので、保険会社の経営に役立てられている。それによると1件の重大災害の裏には、29件のかすり傷程度の軽災害があり、その裏にはケガはないがひやっとした300件の体験があるとい う。労働災害の事例から導き出された比率であるが、あらゆる事に当てはめることができ、重大な事故の発生を防ぐためには、ささいなミスや不注意などを見逃さず、その時点で対策を講じる必要がある。
カテゴリ Webコンサルティング
BIZトレンドではWebコンサルティング関連サービスの比較・資料請求が可能です。
サービス比較ページへ
【全ページ】株式会社カルテットコミュニケーションズ様(上段1)
【全ページ】株式会社ビジネスブレイン太田昭和様_上段2_無償提供
  • ようこそゲストさん
  • 無料会員登録をすると、多くの便利な機能がご利用いただけます。
  • ログイン
  • 新規会員登録
PAGE TOP