BearTail(経費精算ツール)
「Dr.経費精算」とは
株式会社BearTail

自動入力機能で手間を最小化。経費精算にかかる無駄な時間を徹底的に効率化します。

サービス詳細

一発でわかるDr.経費精算

全自動入力のクラウド経費精算システム「Dr.経費精算」によってできること
導入することで何が起きるか、生まれるメリットをご紹介します。

■領収書を撮るだけ

 熟練のオペレーターが領収書入力を代行。
 クレジットカードや電子マネーも一度の設定で明細を自動取得。
 入力の手間を大幅に削減。


【機能について】

●スキャナ読込
 ScanSnapに対応し、複数の領収書の一括取り込みとアップロードが可能。
 まとめて送信される領収書は自動データ化。経費申請がさらにラクに!

 ▼ScanSnapでスキャンして即アップロード&データ化。
  ScanSnapに対応し、複数の領収書の一括取り込みとアップロードを可能に。
  まとめて送信される領収書は、自動データ化され、経費申請をさらにラクに。
  読み込まれた領収書は熟練のオペレーターによって目視で丁寧に手作業で入力。

 ▼面倒な領収書の入力を代行
  領収書をスマートフォンで撮影するだけ。
  面倒な入力・データ化は、熟練のオペレーターが代行。
  これにより入力にかかる手間が大幅に削減でき、入力ミスも防ぐことが可能。

●スマートフォン完結
 入力から電子明細まで、すべてをスマートフォンで完結。
 領収書を写真に収めるだけの簡単操作。時間と場所を選ばず経費処理が可能。

 ▼入力から電子明細まで、すべてをスマートフォンで完結
  領収書を写真に収めるだけ。
  写真で撮られた領収書は熟練されたオペレーターによって一つ一つ丁寧に手入力され
  データに反映。
  そのデータの保存、電子明細の作成、データから電子明細への変換など
  経費精算の一連をサポート。

●セキュリティ
 通信経路やデータベースをすべて暗号化することで
 金融機関と匹敵するレベルのセキュリティを保ち
 また、プライバシーマーク(Pマーク)も取得。定期的に第三者による脆弱性診断も実施。

 ▼質の高い暗号で、強固なセキュリティ
  日本情報経済社会推進協会が個人情報について
  適切な保護措置を整備している事業者に対して与えるプライバシーマーク(Pマーク)を取得。
  定期的に第三者による脆弱性診断を実施することで、外部からの攻撃の対策を実施。
  通信経路やデータベースをすべて暗号化することで
  金融機関と匹敵するレベルのセキュリティを保ち
  計上された経費精算データはAmazonの堅牢なセキュリティで暗号化された上で保存。
  BearTail社は、個人情報保護法を遵守した適切な情報管理が可能。

 ▼細心の注意を払って人力データ化を行う
  1枚1枚のレシート画像それ自体(以下「レシート画像」)は
  お客様の氏名などと結びつかない限り、匿名の情報。
  お客様の氏名など(以下「お客様情報」)と結びついた場合、
  または、同じお客様の大量のレシートが蓄積された場合には
  お客様の重要なプライバシーに関わる情報(以下「プライバシー情報」)となり
  1枚1枚のレシート画像は、プライバシー情報となり得る、お客様の大事な情報。
  Dr.経費精算は、その取り扱いに細心の注意を払っています。
  ※スキャン代行会社はスキャンマン株式会社と連携でご提供

●交通費かんたん入力
 駅名だけで交通費が算出。
 交通系ICカードをタップするだけでもピピっと取り込みを可能に。
 1つ1つ検索する手間がなくなり、大幅に効率化。

 ▼駅名を入力するだけで交通費を算出
  ヴァル研究所社の「駅すぱあと」を内蔵しているので
  駅名を入力するだけで交通費が算出。
  また鉄道だけでなく全国の船、航空、バスの路線を網羅。
  20年以上にわたる経路分析に裏付けられた密な検索精度で
  行き先までの最短経路を割り出しアイコンでわかりやすく表示。
  ダイヤ改正や運賃改正などについて鉄道、バス、航空の事業者などから
  最新のデータ提供を受けてデータの信頼性を極限まで高めているため
  安心してご利用が可能。

 ▼さらに、ICカードをかざすだけでも
  専用タブレットに内蔵されている交通系ICカードのデータ取り込みアプリと連携することで
  交通費の入力をICカードをタップするだけでピピっと自動取り込み。
  1つ1つ検索する手間がなくなるため、大幅に効率化。
  左側にICカードデータが表示され、それぞれを右側の誰に送信するかを選択することが可能。
  業務で支出した交通費とプライベートで支出した交通費をシステム上で仕分けするため
  会社用の交通系ICカードを用意する必要はなし!

 ▼交通費をカテゴリ別に自動分類します
  搭載させた自動分類システムを利用し、さらに交通費を細分化。
  より明確に経費に計上することが可能。

 ▼定期区間は自動控除します
 社員毎に登録された定期区間の料金について、定期区間が含まれた経路を検索した時に
 システム内で自動で控除され、定期代を除いた金額が表示。
 定期区間控除が申請された区間はアイコンで表示されるため、チェックの手間が省け
 また不要な交通費の過払いを防ぐことが可能。

 ▼対応ICカード
  Suica、PASMO、ICOCA、PiTaPa、manaca(マナカ)、Kitaca、TOICA、はやかけん、nimoca、SUGOCA

●仕訳自動学習
 独自のアルゴリズムで商品名や店名から勘定科目や税区分を自動で提案。
 一度行った分類は記憶され、勘定科目に分類する手間を省くことが可能。

 ▼経費データを効率よく仕訳
  Dr.経費精算独自のアルゴリズムが、商品名や店名から勘定科目や税区分を自動で提案。
  ユーザーが選択するだけで仕訳は完了。
  さらに、一度行った分類は記憶され、同様の経費データには次回から自動で紐付けられ
  これにより、経費データを勘定科目に分類する手間を省くことが可能。

 ▼「仕訳自動学習」と関連する機能:会計システム連携
  Dr.経費精算で作成した経費データを、主要会計ソフトに登録。
  従来のように経費精算と別に会計処理をする必要はなし。
  また家計簿Dr.Walletとの連携も可能。(2016年4月以降の予定)
  経費と家計の支出を上手に分離し、実際の支出を正しく把握することをサポート。

●会計システム連携
 Dr.経費精算で作成した経費データは、主要会計ソフトに登録。
 従来のように経費精算と別に会計処理をする必要はなし。

 ▼会計ソフトとの連携で、精算も楽々
  Dr.経費精算で作成した経費データを、主要会計ソフトに登録。
  従来のように経費精算と別に会計処理をする必要はなし。
  また家計簿Dr.Walletとの連携も可能。(2016年12月以降の予定)
  経費と家計の支出を上手に分離し、実際の支出を正しく把握をサポート。

 ▼対応会計ソフト
  パーソナルプラン
  弥生会計、freee、MFクラウド会計、A-SaaS、フリーウェイ経理、Crew、発展会計
  MJS、ツバイソ、会計王

  コーポレートプラン
  (パーソナルプランに加えて)JDL、勘定奉行、PCA会計

サービス詳細2

会社情報

株式会社BearTail
〒101-0032
東京都千代田区岩本町二丁目17番2号秋葉原サウスイーストビルディング5階

  • ようこそゲストさん
  • 無料会員登録をすると、多くの便利な機能がご利用いただけます。
  • ログイン
  • 新規会員登録
PAGE TOP