給与計算業務アウトソーシング・代行サービス一覧

給与計算アウトソーシング(給与計算代行)サービスを比較して無料で資料請求

実際にお問い合わせが多い企業は?今週の資料請求ランキングはコチラ>

絞り込み検索
  • 都道府県
  • 従業員規模
一括資料請求

24件のサービスに一括資料請求します。

給与アウトソーシングの検索結果24件中1624件を表示

トライアンフは従来の給与計算代行とは一線を画し、お客様独自の課題やニーズに応じた
人事に関するワンストップのサービスを提供します。全てのお客様にとっての
「対応力」の高さが特徴です。

掲載会社:株式会社トライアンフ

対応従業員規模 対応エリア
250名以上~1,000名未満 首都圏
資料請求リストに追加

給与計算のトータルアウトソーシングサービス「Bulas(ビューラス)」は、
毎月の給与計算から年末調整業務まで、人事給与に関するあらゆる業務を
総合的にサポートするBPOサービスです。

掲載会社:株式会社BBSアウトソーシングサービス

対応従業員規模 対応エリア
500名以上~ 全国
資料請求リストに追加

●マイナンバー制度対応に関する業務運営もおまかせください!
●人事業務・勤怠管理も含む幅広い業務をサポート!
●業務実態に応じた最適なシステム選定からオペレーション対応を実現!

掲載会社:株式会社エヌ・ティ・ティ・ビジネスアソシエ西日本

対応従業員規模 対応エリア
500名以上 東海,近畿,中国,四国,九州・沖縄
資料請求リストに追加

受託30,000名以上、小規模~大規模、業種を問わない実績。
幅広く深いサービスはシェアード会社ならでは。対応範囲が違います。
人事、経理、総務まで、間接業務の課題はITSF1社で解決できます。

掲載会社:ITサービスフォース株式会社

対応従業員規模 対応エリア
250名以上 750名未満 首都圏
資料請求リストに追加

・当会所属の社会保険労務士をはじめ給与計算専門スタッフが行うので安心。
・人事労務総務のフィールドで経験豊富な専門家が担当させていただきます。
・給与計算業務の枠を超えて、人事労務管理のあらゆる問題を解決します。

掲載会社:厚生労働省認可労働保険事務組合/社会保険労務士事務所 近畿労務管理協会大阪会

対応従業員規模 対応エリア
100名以上250名未満 近畿
資料請求リストに追加

『全製品・サービスは最高レベルの【ISAE3402】報告書を取得しています』
【特長1】クラウドシステムをご利用頂くことで大幅な業務効率化を実現致します。
【特長2】お客様のご要望に合わせBPOサービスはカスタマイズ提供致します。

掲載会社:株式会社JOE

対応従業員規模 対応エリア
250名以上 首都圏,東海,近畿
資料請求リストに追加

■ 職員が全員女性なので、丁寧かつきめ細かく対応いたします。
■ 社員さんの大切な情報だから、プライバシーマークがある弊社にお任せ下さい。
■ クラウド型のアウトソーシングなので、事務負担が大幅に軽減されます。

掲載会社:株式会社トータルパートナー

対応従業員規模 対応エリア
50名以上 100名未満 首都圏
資料請求リストに追加

社会保険労務士をはじめ給与計算のプロフェッショナルがお客様の給与計算を処理します
ので、安心です!お客さまに最も適した「提案型サービス」で、お客様の悩みを解決し、
お客さま1社1社に適したフォーマットにカスタマイズでき、ご要望に対応いたします。

掲載会社:社会保険労務士法人/税理士法人エスネットワークス

対応従業員規模 対応エリア
500名未満 首都圏
資料請求リストに追加

◆業界No.1の受託実績
◆お客様の業務改善(BPR)を実現
◆給与業務のほぼ100%をカバー

掲載会社:株式会社ペイロール

対応従業員規模 対応エリア
1,000名以上 首都圏,東海,近畿
資料請求リストに追加

給与アウトソーシングの検索結果24件中1624件を表示

一括資料請求

24件のサービスに一括資料請求します。

給与計算アウトソーシング(給与計算代行)サービスとは、毎月発生する従業員の給与計算業務を外部企業に代行してもらうサービスです。給与計算業務をアウトソースすることにより、自社の人事労務担当者がコア業務に集中できることがメリットです。給与計算アウトソーシングの価格は実際に計算する人数によって変動します。

給与計算をアウトソーシングすることで得られるメリットは、これだけではありません。

中小企業や立ち上げたばかりのベンチャー企業など人事制度が未成熟な企業では、専任の担当者が給与計算をしているというのはまれです。多くの場合、総務・経理担当の社員、もしくは経営者自身がほかの業務を担当しながら、給与計算も担当しているというのが実情です。定型業務をアウトソーシングすることで、社員がコア業務に集中できるようになります。また、中小企業やベンチャー企業では、残業代に対する意識が低い企業も多く存在します。

しかし、給与計算をアウトソースするということは、そのもとになる給与データ、労務管理データをきちんとまとめ、アウトソーシング企業に渡さなくてはいけません。そのため、残業時間の管理、労務管理に対する意識が向上し、残業時間の削減や社内コンプライアンスの強化につながると考えられます。

また、給与計算の代行だけでなく、年末調整やマイナンバーの管理まで対応できる給与アウトソーシング会社もあります。アメリカでは約70%が給与計算アウトソーシングを利用していると言われ、日本でもこれから市場(利用者)の拡大が期待されています。

PAGE TOP