給与計算業務アウトソーシング・代行サービス一覧

給与計算アウトソーシング(給与計算代行)サービスを比較して無料で資料請求

実際にお問い合わせが多い企業は?今週の資料請求ランキングはコチラ>

絞り込み検索
  • 都道府県
  • 従業員規模
一括資料請求

24件のサービスに一括資料請求します。

給与アウトソーシングの検索結果24件中1624件を表示

給与・賞与計算、年末調整業務など毎月の業務を基本に業務をトータルにサポート
人事・労務の専門家「社会保険労務士法人」がお請けし、給与計算のプロが対応
専任担当者がいなくても勤務データをお送り頂くだけで、給与に関する全ての業務を代行

掲載会社:社会保険労務士法人スマイング

対応従業員規模 対応エリア
10名以上 750名未満 北関東,首都圏,近畿,四国,九州・沖縄
資料請求リストに追加

システムに強い社会保険労務士だからできる!!!
独自のシステムを貴社の要望に応じてカスタマイズすることで
あらゆるニーズに低価格で応えます。

掲載会社:株式会社イージーネット

対応従業員規模 対応エリア
10名以上50名未満,500名以上750名未満 首都圏
資料請求リストに追加

●御社との窓口は公的資格(社労士・給与計算実務検定)保持者が担当いたします
●勤怠システムを使わない、エクセル出勤簿での集計も是非ご相談ください
●勤怠変動連絡は、お客様のご希望により4つの選択肢からお選びいただけます

掲載会社:株式会社サンクスペイ

対応従業員規模 対応エリア
250名未満 首都圏
資料請求リストに追加

トライアンフは従来の給与計算代行とは一線を画し、お客様独自の課題やニーズに応じた
人事に関するワンストップのサービスを提供します。全てのお客様にとっての
「対応力」の高さが特徴です。

掲載会社:株式会社トライアンフ

対応従業員規模 対応エリア
250名以上~1,000名未満 首都圏
資料請求リストに追加

社会保険労務士をはじめ給与計算のプロフェッショナルがお客様の給与計算を処理します
ので、安心です!お客さまに最も適した「提案型サービス」で、お客様の悩みを解決し、
お客さま1社1社に適したフォーマットにカスタマイズでき、ご要望に対応いたします。

掲載会社:社会保険労務士法人/税理士法人エスネットワークス

対応従業員規模 対応エリア
500名未満 首都圏
資料請求リストに追加

●入退社書類等、貴社の書式フォーマットをそのまま使用
●手書きの勤務表から給与計算可能!!医療法人系の実績多数あり。
●専任女性担当者によるきめ細かいサービスとお客様対応に定評があります。

掲載会社:株式会社アックスコンサルティング

対応従業員規模 対応エリア
50名以上 1,000名未満 北海道,北関東,首都圏,北陸・甲信越,東海,近畿,中国,九州・沖縄
資料請求リストに追加

◆お見積り無料!最短1時間で作成!気軽にお問い合わせ下さい!◆
社員3名からでも対応可能!月額1万円からの給与計算アウトソーシング。

掲載会社:株式会社ミナジン/社会保険労務士法人ミナジン

対応従業員規模 対応エリア
100名未満 近畿
資料請求リストに追加

・当会所属の社会保険労務士をはじめ給与計算専門スタッフが行うので安心。
・人事労務総務のフィールドで経験豊富な専門家が担当させていただきます。
・給与計算業務の枠を超えて、人事労務管理のあらゆる問題を解決します。

掲載会社:厚生労働省認可労働保険事務組合/社会保険労務士事務所 近畿労務管理協会大阪会

対応従業員規模 対応エリア
100名以上250名未満 近畿
資料請求リストに追加

★マイナンバー収集・保管300社超の実績(2016年5月現在)
★マイナンバー収集は1名500円~/保管は年間1名300円~
★年末調整とマイナンバー収集を一括で対応

掲載会社:株式会社フルキャストホールディングス

対応従業員規模 対応エリア
500名以上~ 首都圏,東海,近畿
資料請求リストに追加

給与アウトソーシングの検索結果24件中1624件を表示

一括資料請求

24件のサービスに一括資料請求します。

給与計算アウトソーシング(給与計算代行)サービスとは、毎月発生する従業員の給与計算業務を外部企業に代行してもらうサービスです。給与計算業務をアウトソースすることにより、自社の人事労務担当者がコア業務に集中できることがメリットです。給与計算アウトソーシングの価格は実際に計算する人数によって変動します。

給与計算をアウトソーシングすることで得られるメリットは、これだけではありません。

中小企業や立ち上げたばかりのベンチャー企業など人事制度が未成熟な企業では、専任の担当者が給与計算をしているというのはまれです。多くの場合、総務・経理担当の社員、もしくは経営者自身がほかの業務を担当しながら、給与計算も担当しているというのが実情です。定型業務をアウトソーシングすることで、社員がコア業務に集中できるようになります。また、中小企業やベンチャー企業では、残業代に対する意識が低い企業も多く存在します。

しかし、給与計算をアウトソースするということは、そのもとになる給与データ、労務管理データをきちんとまとめ、アウトソーシング企業に渡さなくてはいけません。そのため、残業時間の管理、労務管理に対する意識が向上し、残業時間の削減や社内コンプライアンスの強化につながると考えられます。

また、給与計算の代行だけでなく、年末調整やマイナンバーの管理まで対応できる給与アウトソーシング会社もあります。アメリカでは約70%が給与計算アウトソーシングを利用していると言われ、日本でもこれから市場(利用者)の拡大が期待されています。

PAGE TOP