給与計算、まだExcelでやってるの?

ミスした 手間がかかる できる人が辞めた アウトソースがすべての課題を解決します! 企業にとって必要不可欠な給与計算業務。「内製化でお金をかけずに…」は間違い!? アウトソース(専門会社に業務委託)するメリットや導入企業の声を紹介します。

費用をかけずに内製化、実はアウトソースした方が安くてメリット多い?

「費用を考えたらアウトソースするより社内で対応した方がいい。」 そう考えている企業の経営者は少なくありません。たしかに内製化をすることで費用は抑えられますが、社員の負担は増えます。アウトソースは内製化の課題は解決します。重要なのはかかる費用とかかる手間を比較した上で総じてどちらが得かを考えることです。

Excel運用などの内製化でありがちな課題

  • セル入力や数式設定でミス 入力箇所や設定にミスがあればいくら数値が正しくてもエラーが出てしまいますよね。
  • イレギュラー対応で多大な工数 近年では、勤務形態が多様化しており、一様の処理方法では対応がしきれないことも。
  • その人が抜けたら困る 「経理まわりのすべてを担当していた社員が退職に・・・」 このようなケースは少なくありません
アウトソースですべて解決!
  • プロの対応で速いかつ正確 給与計算のプロがスピーディーかつミスなく対応するので最低限のチェックで済みます。
  • 一人当たりの費用が明確 どこまでの範囲を依頼するかによりますが、1人当たり約500~1,000円でアウトソースできます。
  • 安心のバックアップ 企業として業務を代行するので、個人にノウハウが埋もれることはなく、継続的な対応が可能です。
+ 内製化で対応していた社員の浮いた工数!
給与計算アウトソーシング会社に問い合わせる

アウトソースしてこんなに変わった!導入企業の喜びの声

給与計算業務を社内対応からアウトソースすることでどのような影響があるのか?実際にアウトソーシングサービスを導入した企業の喜びの声を集めてみました。

  • 業種:卸売業 企業規模:50名

    自社内で対応していたものの、繁忙期や年末調整の時期になると業務過多になり、担当者が疲弊し、ミスが多発していた。

    給与計算業務における大部分をアウトソースすることで、担当者の業務負担を大幅に軽減することができ、新たな取り組みもできるようになった。

  • 業種:Web制作会社 企業規模:80名

    以前はExcelを使用して管理していたが、育休から復帰する社員や雇用形態が多様化して計算が複雑になり、給与計算業務を2人で丸2日かけて対応していた。

    今はアウトソース先とのやり取り、確認業務だけなので担当者1人半日の対応で済んでいる。費用的にも以前の半分以下に抑えられている。

  • 業種:不動産会社 企業規模:50名

    経理担当の社員が一人で給与計算を対応していたが、退職することになった。引き継ぎも考えたが、計算が複雑で後任者には荷が重かった。

    社内の事情を共有することで、自社で対応することとアウトソースする部分を区別し、スムーズに運用することができた。対応のマニュアルを用意してもらったので、今後は引き継ぎ時もトラブルが起きなさそうだ。

給与計算アウトソーシング会社に無料相談

BIZトレンドで自社に合った給与アウトソーシング会社を見つける

BIZトレンドでは厳選された給与計算アウトソーシング会社を紹介しています。手間をかけずに複数の気になる企業に一括でお問い合わせ・資料請求ができます。以下のポイントをおさえて、自社に合うアウトソーシング会社を選んでみてください。

給与計算アウトソーシング会社を選ぶ際の3つのポイント

  1. 1.対応可能な企業規模 企業によっては対応できる企業規模が限られていることがあります。掲載企業一覧ページで対象の企業規模を確認し、自社の規模に合う企業を選びましょう。
  2. 2.対応の範囲 給与計算業務のどの範囲をアウトソースするのか、まずはこの点を明確にし、各企業の詳細ページで依頼したい業務範囲が対応可能かどうかを確認しましょう。
  3. 3.対応の柔軟性 給与計算業務ではケースによってイレギュラー対応が生じてしまうことは少なくありません。その場合、対応は依頼できるのか、依頼できるとしたら別途費用が発生するのか、事前に確認しましょう。

比較サイトBIZトレンドを活用するメリット

  • 複数の企業をまとめて比較
  • 手間と時間を節約 効率UP
  • 役立つ資料がすぐに届く
給与計算アウトソーシング会社の一覧を見る