KING OF TIME(キングオブタイム)
残業基準設定、有休自動付与、複雑な管理にもバッチリ対応!
株式会社ヒューマンテクノロジーズ

迷ったらコレ!長年お客様の声に応え続け不動の信頼を築いた勤怠システムです。
徹底的に作り込まれた機能が貴社独自の細かな要望にも応えます。
1人300円/月。オプションで月額が上がることなく無料体験から全機能が使えます。

サービス詳細

11周年!勤怠管理のノウハウがギッシリ詰まった決定版的存在!

サービス詳細1

キングオブタイムは提供開始以来11周年、クラウド勤怠管理システムの普及そのものを先頭で引っ張ってきたと自負できるサービスです。
数えきれないほどのユーザーの声を受けて機能追加・改善を積み重ね、長い時間をかけて「市場にもっとも受け入れられ続けている勤怠システム」としてご評価をいただいています。

勤怠管理システム選びは企業にとって非常に大切な選択です。ご契約いただき利用が始まってから自社の運用にそぐわない問題が見つかる、といったことがないように、お客様の要望や業態など事情に合わせた個別導入サポートを無料で行なっておりますので、是非無料トライアルにお申し込みください。


<<失敗しない!クラウド勤怠管理システム選びへのポイント>>

☆クラウド勤怠管理システム選び~よくある問題~☆

『これができない。この機能がない。』
⇒キングオブタイムにはWEBやパンフレットでは伝えきれない細かい作り込みがたくさん詰まっています。またサポートスタッフは様々な勤怠管理の問題を解決してきたキングオブタイム活用のスペシャリスト。“新たな難題”を随時お待ちしていますので是非相談を投げかけてみてください!

『少人数で使いたい』
⇒キングオブタイムは月額1人300円。使わなかった月(打刻利用が一度もなかった人の分)は課金されません。1名から気軽にお使いいただいております。
最低利用人数の制限や固定基本料金もありません。

『使い方がわからず連絡してもつながらない』
⇒ベンチャー発のサービスにはありがちですが、キングオブタイムは「人」のサポートを充実させていますのでご安心ください。コールセンターは東京含め3拠点。質・量ともに充実したサポート体制を整えております。

『システムの動作が遅い』
⇒動作が重い、頻繁に固まる、、安価なクラウドサービスではこれらが不安なところ。
キングオブタイムは実に430,000人以上がアクティブに利用しておりますが、それに余裕を持って対応できるバックボーンで稼働しています。実際の動作は無料トライアルで是非体感してみてください。

サービス詳細2

事例・実績

導入実績No.1!キングオブタイムが選ばれる3つの特徴!

オフィスをはじめ、飲食店や小売店・サービス業などの店舗、医療機関、工場、その他様々な業種でご利用いただいております。

正社員や派遣社員さんが中心のオフィス、アルバイトさんの多い職場、チェーン店で他店舗からの応援勤務があったり、深夜~早朝に及ぶ複雑なシフト管理をしている現場など。

キングオブタイムが幅広いユーザーに選ばれている理由は大きく分けて下記の3つです。

<1.目的に合わせて打刻方法を選べるから>

打刻方法は多数のなかから選べます。たとえば、
・パソコンでパスワード打刻
・手軽でスムーズに打刻するならICカード(社員証や交通系カード)
・本人確認を厳格にしたいなら生体認証(指静脈、指紋)
・外出先からの打刻なら携帯・スマートフォン
・パソコンを置くスペースがない場合はコンパクトな勤怠管理専用端末もございます。
※打刻端末を購入する場合、端末購入費用は別途必要です。

<2.機能が練り込まれていて、特殊な勤務形態に対応してくれるから>

・出勤、退勤、休暇取得などリアルタイムに自動集計。残業状況、アラート、人件費の概算などの可視化を実現
・複数の管理者設定、シフト管理、申請・承認ワークフロー、休暇管理、警告設定などの機能で業務改善をご支援
・海外含め複数拠点を一元管理。英語の勤怠管理、時差対応などグローバル展開のお客様をサポート

等々。基本機能から高度な機能まで、追加料金なしでお使いいただけます。

<3.安価&高機能で無料体験つきだから>
⇒勤怠管理に細かい要望はつきもの。あとから必要性に気が付くこともしばしば。キングオブタイムなら機能制限なしで月額費用300円/1人のみ!
<料金補足>
・システム初期費用なし※
・機能制限、オプション追加費用なし
・固定基本料金なし、使った人の分だけ課金
(その月、打刻利用があった人だけが課金対象になります。従業員登録していても利用がなければ費用は発生しません。季節で稼働人員が変化する職場でも無駄がありません。)
・見積り例:300円×5人利用=1,500円(税別)

※ 生体認証端末などの打刻端末をお使いになる場合、新たに購入する必要があります。お持ちのパソコンや携帯・スマートフォンで打刻される場合は別途購入する必要はございません。

30日間無料体験をご用意しております。専任の担当が導入をサポートいたしますので、お気軽にお申し込みください。

事例・実績

お客様の声

KING OF TIME導入 ビフォー・アフター

お客様の声
集計業務と休暇管理の効率化!(ティンバーランドジャパン株式会社様)
■業態:カジュアル用品のメーカー
■利用者数:約180名
■拠点数:41(本社1/店舗40)
■『KING OF TIME』導入前の管理方法:タイムカード(店舗)とExcelの出勤簿(本社)

<導入前の課題・問題点>
・店長が手計算にて時間集計(所定、残業、深夜)しExcel入力していた為、集計ミスの発生と工数がかかっていた。
・シフトはExcelで作成していたため、シフトと実勤務時間の照合作業に手間がかかっていた。
・有休残日数が毎月の給与明細でしか確認できなかった。
・公休残日数の管理は管理表(紙)で行っていたので、残日数の把握に時間を要した。

<導入後の効果>
・店舗側の業務効率化ができ、雇用形態ごとに異なる集計の手間がなくなった。
・正確な時間管理ができるようになった。
・本社、店舗にてリアルタイムに残業時間が確認出来るようになった。
・休暇(有休、公休)管理が楽になった。
・勤怠・シフト・休暇の一元管理が可能になり、リアルタイムに閲覧できる様になった。・給与データの出力項目が自由に選択できるようになった。
お客様の声
給与計算時の作業工程を大幅に短縮できました。(金谷ホテル観光株式会社様)
■業態:1931年創業、日光市の鬼怒川温泉で旅館を運営
■利用者数:約200名
■拠点数:2
■『KING OF TIME』導入前の管理方法:タイムカード、手集計

<導入前の課題・問題点>
・勤務実態が締め日にならないと分からなかった
・給与計算等、休日、出張、当直、打刻忘れ等の区別を各部署に尋ねるなど、
・タイムカードの確認作業に多く時間を費やさなければならなかった

<導入後の効果>
・作業時間の削減によりコアタイムの増加 → タイムカード集計など、管理職の業務が削減され、
・各部署運営の仕事に集中できる時間が増えた
・勤怠時間の見える化 → 各部署の勤怠時間等がタイムリーかつ簡単には把握できるようになった
・遅刻、打刻忘れ等、未確定勤務の判別が容易になり、業務の簡素化に繋がった
お客様の声
Excelとシステムのダブル管理を一本化!(株式会社Gunosy様)
■業態:スマートフォンアプリ開発・運営
■利用者数:約70名
■拠点数:1
■『KING OF TIME』導入前の管理方法:Excel・自社システム

<導入前の課題・問題点>
・Excelで勤怠情報を提出し、自社システムにて管理を行っており、全てを一つのシステムで管理したいと思っていた。

<導入後の効果>
・出退勤の打刻から集計までをKING OF TIMEで行うことにより、目的であった『システムの一本化』、『作業工数の削減』を実現できた。
・申請機能や警告機能の設定、その他の勤怠ルールもKING OF TIMEにて対応可能で、早期に導入できた。
お客様の声
携帯GPS打刻/業務のIT化・効率化でMCPCアワード受賞!(株式会社大京アステージ様)
■業態:マンション等の管理員請負業務・清掃請負業務
■利用者数:約5000名
※従業員全員に携帯電話を貸与。各携帯電話にタイムレコーダーアプリにて打刻
■『KING OF TIME』導入前の管理方法:紙(OCR機用)の出勤簿+勤怠管理システム

<導入前の課題・問題点>
・管理員からエリアリーダー(班長)への出退勤連絡(朝夕)等、業務負担があった。
・出勤簿の仕分け業務・未提出者への連絡・内容確認など、毎月初に業務が集中するため、担当者の時間外勤務が恒常的に発生していた。また、業務負担も大きかった。
・出勤簿の印刷代、月々の送付郵送料、保管スペースに要するコストも膨大であった。

<導入後の効果>
・管理員の出退勤を事業所でリアルタイムに一元的に把握し、エリアリーダーの負担を削減。
・勤怠に要する事務が日々の業務となり、業務が平準化、業務負担が軽減。
・紙・出勤簿を無くすことにより、FAX通信料、紙代、インクリボン代、出勤簿郵送料など経費削減。
お客様の声
法令順守と業務効率化による残業時間の削減を実現(LmD株式会社[ザ・コンランショップ]様)
■業態:家具、インテリア小物、カフェの運営
■利用者数:約140名
■拠点数:6(本社1/店舗5)
■『KING OF TIME』導入前の管理方法:紙の勤務表

<導入前の課題・問題点>
・紙の勤怠帳票照合を10人強の管理者がほぼ1日を要する手間が生じていた。
・各種勤務申請が紙ベースであったため、精度が低かった。
・各拠点・各部門の責任者でないと勤務時間が把握しきれない部分があった。

<導入後の効果>
・10人強でほぼ1日がかりで集計していた管理処理を、管理者1名が2日間で処理できる様になった。
・休暇や残業の申請は紙ベースで管理し、月末に収集していた為、勤怠管理がデータで確認できない状態であったが、リアルタイムに管理する事により「見える化」が実現し、導入後は全従業員の残業時間が前年比約15%削減できた。
・外出機能を使用する事により交通費の申請と照合できる様になった。
・各拠点で多種多様な勤務時間を一括で管理できるようになった。

会社情報

シェアNo.1のクラウド勤怠管理システム KING OF TIME(キングオブタイム)

開発・販売元:株式会社ヒューマンテクノロジーズ
〒105-0001
東京都 港区 虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズオフイス17階

  • ようこそゲストさん
  • 無料会員登録をすると、多くの便利な機能がご利用いただけます。
  • ログイン
  • 新規会員登録
PAGE TOP