VDT症候群とは

読み/英語 ぶいでぃーてぃーしょうこうぐん
詳細 パソコン、ワープロ、テレビゲームなどの端末であるVDT(Visual Display Terminal)を用いた長時間作業を行うことにより、眼精疲労や倦怠感といった症状を起こす病気の総称で、別名テクノストレス眼症とも呼ばれている。視線がディスプレイ、キーボード、書類の間をひんぱんに移動することにより疲労が激しくなり、画面を集中して見続けるため、まばたきの回数が減り、目が乾燥し、目に負担がかかるようになる。また、長時間同じ姿勢をとることによる、首、肩、腕などの痛み等もある。現代の新しい病気とされ、オフィスで増加しています。 ひどい場合には心身症などの症状が起こってしまう場合もある。
カテゴリ メンタルヘルス研修
BIZトレンドではメンタルヘルス研修関連サービスの比較・資料請求が可能です。
サービス比較ページへ
【全ページ】株式会社カルテットコミュニケーションズ様(上段1)
【全ページ】日立トリプルウィン株式会社様_上段2_無償提供_20160616
  • ようこそゲストさん
  • 無料会員登録をすると、多くの便利な機能がご利用いただけます。
  • ログイン
  • 新規会員登録
PAGE TOP