副交感神経とは

読み/英語 ふくこうかんしんけい
詳細 自律神経の一つで、主に睡眠時や食事中、お風呂に入っているときなどのリラックスしているときに働く自律神経のこと。副交感神経の働きには、血管を拡張させる 、心拍数を下げる、呼吸数を減らす、血圧を下げる、唾液の分泌を促す、消化を促進する、排泄を促すなどがある。自律神経のバランスが崩れ、自律神経失調症になるのは交感神経が優位になったために起こる症状だと思われることが多いのですが、副交感神経が優位になりすぎても、むかつき、吐き気、胃もたれ、食欲不振、便秘、下痢、無気力、集中力低下、アレルギー症状のような症状が出てしまうこともある。自律神経のバランスを整えて正常に保つことが大切でである。
カテゴリ メンタルヘルス研修
BIZトレンドではメンタルヘルス研修関連サービスの比較・資料請求が可能です。
サービス比較ページへ
【全ページ】株式会社カルテットコミュニケーションズ様(上段1)
【全ページ】日立トリプルウィン株式会社様_上段2_無償提供_20160616
  • ようこそゲストさん
  • 無料会員登録をすると、多くの便利な機能がご利用いただけます。
  • ログイン
  • 新規会員登録
PAGE TOP