拒食症とは

読み/英語 きょしょくしょう
詳細 心理的な原因で食事量が減って異常にやせる病気で、医学的には神経性食欲不振症と呼ばれる。精神疾患の内、摂食障害の一種である。症状として、身体症状、行動異常などが現れる。拒食症(神経性食欲不振症)では、自然治癒する人もいれば、慢性化して入退院を繰り返す人や、死に至るケースもあり、死亡率は4~20%と言われております。過度なダイエットが摂食障害を引き起こす原因の多くであり、若い女性に特に多く見られる傾向がある。これは今後も増える傾向にあり、大きな社会問題にもなっています。
カテゴリ メンタルヘルス研修
BIZトレンドではメンタルヘルス研修関連サービスの比較・資料請求が可能です。
サービス比較ページへ
【全ページ】株式会社カルテットコミュニケーションズ様(上段1)
【全ページ】日立トリプルウィン株式会社様_上段2_無償提供_20160616
  • ようこそゲストさん
  • 無料会員登録をすると、多くの便利な機能がご利用いただけます。
  • ログイン
  • 新規会員登録
PAGE TOP