ICSD(睡眠障害国際分類)とは

読み/英語 あいしーえすでぃー/The Intermationnal Classification of Sleep Disorders,Diagnostic and Coding Manual
詳細 ICSD(The Intermationnal Classification of Sleep Disorders,Diagnostic and Coding Manual)とは、「睡眠障害国際分類」のことで、米国睡眠障害連合が中心になって睡眠障害の国際的に分類がまとめられているものである。1990年に発表された睡眠障害国際分類 (ICSD) では、睡眠障害を大きく4つに分類している。「睡眠異常」とは、睡眠自体が疾患であるもの。不眠症、睡眠時無呼吸症候群、睡眠相後退症候群など。「睡眠時随伴症」とは、睡眠中に見られる異常行動のこと。夜驚症、夜尿症、周期性四肢運動など。「内科・精神科的睡眠障害」とは、精神病や不安障害、うつ病などに伴う不眠や過眠など。「その他」未だ分類が正確になされていない、ショートスリーパー短時間睡眠者やロングスリーパー長時間睡眠者などがある。
カテゴリ メンタルヘルス研修
BIZトレンドではメンタルヘルス研修関連サービスの比較・資料請求が可能です。
サービス比較ページへ
【全ページ】株式会社カルテットコミュニケーションズ様(上段1)
【全ページ】株式会社ビジネスブレイン太田昭和様_上段2_無償提供
  • ようこそゲストさん
  • 無料会員登録をすると、多くの便利な機能がご利用いただけます。
  • ログイン
  • 新規会員登録
PAGE TOP