自律訓練法とは

読み/英語 じりつくんれんほう
詳細 1932年にドイツの精神科医であったシュルツ(Schultz,J.H.)によって体系化された自己催眠法であり、治療技法である。彼は催眠に誘導された人が腕や脚に重たさや温かさをしばしば報告するという事実から、その感覚を自己暗示により生じさせ催眠状態をつくることを考案した。自律訓練法は、他者から誘導される催眠法と異なり、自分自身でいつでもどこでも行える特徴がある。そのため今日では日常生活の多様な場面で行うことのできるセルフコントロール法として用いられている。自律訓練法には、ストレス緩和、心身症、神経症などに効果がある。
カテゴリ メンタルヘルス研修
BIZトレンドではメンタルヘルス研修関連サービスの比較・資料請求が可能です。
サービス比較ページへ
【全ページ】株式会社カルテットコミュニケーションズ様(上段1)
【全ページ】株式会社ビジネスブレイン太田昭和様_上段2_無償提供
  • ようこそゲストさん
  • 無料会員登録をすると、多くの便利な機能がご利用いただけます。
  • ログイン
  • 新規会員登録
PAGE TOP