改めて考える研修とは?

改めて考える研修とは?

「研修」と一口にいってもその種類や形態は様々です。今回は、研修とは何かを改めて考えるとともに、社内研修と社外研修のメリットとデメリットについて解説したいと思います。

icon社員研修とは

社員研修とは、企業が従業員に向けて実施する研修で、従業員が業務を遂行するにあたって必要な技術や知識を教育することを指します。研修には、ビジネスマナーなどの社会人としての基本を身に付けるための新人研修をはじめ、プレゼンテーション能力やセルフマネジメント能力などの業務遂行能力を高めるためのスキルアップ研修、部下のモチベーションを高めるなどの育成能力を養うマネジメント研修などがあります。

研修の形態は、自社内で行われる社内研修と外部の機関に研修を委託する社外研修にわかれ、それぞれにメリット・デメリットがあります。それぞれの研修形態について詳しく見ていきましょう。

icon社内研修のメリット・デメリット

社内研修のメリット

社内研修には、自社特有の内容の研修を自由に行えるといったメリットがあります。自社で浸透している仕事の進め方や考え方などがある場合は、マネジメント層が直接教育を行うのが一番よい方法でしょう。理念教育などもこれに当てはまります。

このような研修を外部に委託するとなると、認識のすり合わせや企業理解のために工数や手間が発生するので、効率的とはいえません。また、受講者側も自社独自の内容を外部の人間から教わるのは抵抗があるでしょう。

社内研修のデメリット

社内研修には、受講者側のモチベーションが下がってしまうといったデメリットがあります。社内の上層部がトップダウンで企画したものや、自分の所属部署とは違う部署の人間が企画したものに対しては、自分には関係ないと意識が働いてしまい、研修に身が入らないといったことも珍しくありません。

また、研修担当者側は、研修内容の考案や講師をお願いしたい社員と受講者側のスケジュール調整などに時間をかけなければなりません。研修後の効果検証や改善も行わなければならないので、非常に手間がかかってしまいます。

icon社外研修のメリット・デメリット

社外研修のメリット

社外研修には、社内とは異なる価値観に触れることによって、それまでになかった発想や刺激、スキルを得ることができるといったメリットがあります。 受講者側は、社外の人間が話すということで、より真剣に聞く体勢に入ることができます。また、研修担当者側にとっても、一から研修内容を考える必要がないので、業務の負担を大幅に削減することができます。

社外研修のデメリット

社外研修には、時として企画側の意図通りに研修が進まないといったデメリットがあります。例えば、企画段階ではクオリティの高いものが出来ていたとしても、研修を担当する講師の良し悪しで結果は大きく変わります。研修の効果は、講師の能力や人柄に大きく左右されてしまうのです。

また、多くの研修会社があるので、社外の講師や研修プログラムを選定する時間や研修費用が発生するといったデメリットもあります。

icon社内研修と社外研修を上手に組み合わせる

上記でも述べたように、社内研修と社外研修はそれぞれメリットとデメリットを持っています。なので、理念教育などの特殊な研修以外は、両方を組み合わせるという方法が一番よいでしょう。

受講者に刺激を与え、意識を変えることができるのは社外研修です。普段とは異なる価値観や環境の中では、多くの学びが得られます。ですので、研修を実施する際には、まずは社外研修を行いましょう。

社外研修を行った後は、研修内容を社内に共有した上で、どう業務に生かしていくのかを話しあい、研修で行ったことを実際の業務の中に組み込んでいきます。こうすることで社内にノウハウが溜まっていきます。社外で得た知識を自社専用のものに変えていけば、自社独自の研修を作ることができます。

iconまとめ

いかがでしたか。研修について理解は深まったでしょうか。研修でお困りの方は、ぜひ社外研修を検討してみてはいかがでしょうか。

  • ようこそゲストさん
  • 無料会員登録をすると、多くの便利な機能がご利用いただけます。
  • ログイン
  • 新規会員登録
PAGE TOP