博報堂コンサルティング(コミュニケーションJAM)
管理職向けのアサーティブなコミュニケーショントレーニング研修
自身のコミュニケーションの癖に気づき、フィードバックで軌道修正
アサーティブ・アグレッシブ・ノンアサーティブの概念を知る
他社の発言やフィードバックから、多様な表現を学ぶ

サービス概要

研修テーマ コミュニケーション
研修形態 インハウス型
対象規模
(最低参加人数)
10名~
受講対象者 中堅社員,管理職
費用 別途お問い合わせ
研修スケジュール 半日

サービスの特徴

自らのコミュニケーションの癖が理解でき、改善課題が見えてくる!

サービスの特徴1

【Communication JAM】とは、
相手を配慮しながらも、自分の気持ちを正しく伝える
Win-Winのコミュニケーション力を養うためのプログラムです。

参加者は数枚の本音が言いたくても言えない状況の記載されたカードを受け取り、
本音をどのように伝えるかを検討し、発表し、周囲の参加者はその発表に対して投票します。
その投票結果を振り返り、フィードバックを行うことで、自己の表現の傾向が分かるビジネスゲームです。


≪ロープレと他社の評価・フィードバックで自らの癖が理解できる≫
◎ 概念はわかりやすいが実践するのが難しいアサーションをカードゲーム化 ◎
 発表型と応酬型の難易度・楽しさの異なる2つのルールから学びます。

■「言いたくても言えない」人の発言をゲームのルールが促進
 ・言いたくても言えないシーンをカードで再現
  部下たちが自らを困らせ、言いたいけど言いにくい状況をカードにて再現します。
■「言えるけど配慮に欠ける」発言を即時フィードバックで軌道修正
 ・「何を」、「どのように」言うかを考える
  ただ、言い方を考えるのではなく、管理職として何を伝える必要があるのかも検討します。
■徐々に難易度の高まるゲーミフィケーションの仕組みを導入
 ・体験スタイルなので、気づきが定着しやすい
  アサーションは多様性が高く座学で理解するのは難しかった課題を解決します。


≪基本的なゲームの進め方≫
1.カード選択
 シチュエーションが書かれている任意のカードを選択
2.発表
 カードのシチュエーションにそって、アサーティブな表現にチャレンジ
3.評価
 3つの視点でグループメンバーが評価(3つの視点:アサーティブ・アグレッシブ・ノンアサーティブ)
4.フィードバック
 良かった点、悪かった点、自分はこう感じた、などをフィードバック


≪Communication JAM≫カリキュラム
■オリエンテーション(10分)
■講義(20分)
■ルール説明(10分)
■ゲーム①(35分)
■振り返り・まとめ(10分)
■休憩(10分)
■講義(10分)
■ゲーム②(70分)
■ワークシート記入(25分)
■まとめ(10分)

サービスの特徴2

会社情報

株式会社博報堂コンサルティング
〒107-6319
東京都港区赤坂5-3-1 赤坂Bizタワー

サービス一覧へ戻る
  • ようこそゲストさん
  • 無料会員登録をすると、多くの便利な機能がご利用いただけます。
  • ログイン
  • 新規会員登録
PAGE TOP