管理部門に朗報!経理アウトソーシングとは?

管理部門に朗報!経理アウトソーシングとは?

近年、企業の管理部門において、経理業務をアウトソーシングする、しない、といった議論が増えています。
本記事では、そもそも経理アウトソーシングがどのようなサービスなのか、経理業務を外注して社内に経理機能を置かないことがどんなメリットをもたらすか、についてご紹介します。

icon経理アウトソーシングとは?

経理アウトソーシングとは、読んで字のごとく経理業務を外部にアウトソースすることを指します。事業者は主に、簿記の資格をもった、実務経験の豊富な経理のエキスパートをスタッフとして抱えていて、彼らに自社の経理業務を任せることができます。

任せることができる内容も、単純作業の伝票入力から立替経費精算や仕訳入力、入金・支払の管理や請求書発行などといった専門的な業務まで多岐にわたっています。さらには単純なアウトソーシングだけではなく、訪問型や派遣契約といった形態でも利用することができるようになっています。

icon経理アウトソーシング導入で期待できるメリット

以下では、経理アウトソーシングの導入で期待できるメリットをご紹介します。

iconメリット①コスト削減が期待できる

経理部門専任の担当者を社内に置くとその分の人件費を伴うことは明らかですが、人件費ほど大きな固定費はありません。また、従業員を増やすには社会保険料や福利厚生費なども加味する必要もあり、繁忙期には残業代等もプラスされることを考えると、とても高額なコストと捉えることもできます。

コスト削減をしたい場合、経理業務を外注すれば、業務量に応じた従量課金制に転換することができ、上記で述べたようなコストを削減することが可能となります。経理業務を任せることができるかわからない社員を雇用するよりも、外注した方がコストパフォーマンスが良いことが多いのです。

iconメリット②経理業務の改善につながる

経理アウトソーシングを請け負う事業者は、経理業務に特化した、いわば専門家のようなスタッフに業務を従事させています。そのため、経理アウトソーシングを利用すると、一定レベルの業務品質と、法制度等に関する最新の情報やアドバイスが期待できます。

さらには、社内で経理業務を行っていると、粉飾や着服などの不正が起きてしまう可能性もないとは言い切れません。しかし、アウトソースすれば事業者が責任をもって業務を進めてくれるので、よりクリーンな環境をつくることができ、不正などが起きる心配をする必要もなくなります。

iconメリット③社内の担当者がコア業務に集中できる

経理業務をアウトソースすることは、担当者が本来取り組むべき業務に集中できるようになる可能性を秘めています。経理専任者が経理業務に取り組んでいる場合は別ですが、企業によっては、経営者が経理業務に取り組んでいる場合もあります。

本来なら長期的な戦略をたて、そこに向けてどんなアクションを起こしていくかを策定しなければいけないはずが、日々の経理業務に追われるせいで目先の目標に到達させることしか考える余裕がない…というような事態に陥ってはいませんか?

経理アウトソーシングを導入することで、経理業務に追われていた時間が削減され、事業戦略の策定、ひいては間接的な利益拡大にまでつなげることができるかもしれません。

iconまとめ

以上、経理アウトソーシングについてまとめましたが、理解は深まったでしょうか。自社の金銭面にまつわる経理業務を外部に委託することに抵抗を感じる方も多いでしょうが、一方で導入することで得られるメリットを重視して、導入を開始している企業も増えています。

一度、社内での経理業務を見なおす機会として、経理アウトソーシングの導入を検討してみてはいかがでしょうか?

  • ようこそゲストさん
  • 無料会員登録をすると、多くの便利な機能がご利用いただけます。
  • ログイン
  • 新規会員登録
PAGE TOP