失敗しない経理アウトソーシングの選び方とは?

失敗しない経理アウトソーシングの選び方とは?

自社内に経理業務の担当者を置かずに外部へアウトソースする、といった仕組みが話題となっている経理アウトソーシング。事業者や提供されているサービスの数は増える一方で、その中から一つを選ぶことは難しくなっています。
そこで本記事では、どのような点を比較すれば自社に合った経理アウトソーシングサービスを見つけることができるのか、をご紹介します。

iconそもそも経理アウトソーシングとは?

経理アウトソーシングとは、通常社内で行っている経理関連の業務を代行事業者に外注することで、企業の業務コストの削減や専門業者に委託するため業務の質の向上、さらには社員が本来注力すべきコア業務に時間を割ける環境を作ることを目的としているサービスです。

BPO(Business Process Outsourcing:事業の工程の一部を外部に委託をすることを指す)サービスの一つとして近年注目されています。

icon経理アウトソーシングの選定ポイント

icon①経理業務のうち、どこまで対応してくれるか

経理アウトソーシング事業者は、様々な経理関連の業務を請け負っています。その内容は、伝票入力などの単純作業から、売上計上や経費精算、仕訳入力や入金・支払の管理、さらには税務申告や株式公開支援などといった専門的な業務まで、多岐にわたります。

ひとまとめに経理業務といっても、その範囲内にはさまざまな業務があります。その中でも、「自社がどのような業務をアウトソースしたいか」と、「どのような業務を請け負ってくれるのか」ということをそれぞれ確認しておきましょう。

さらには付随サービスとして、税務関連の手続きの代行や経理業務のコンサルティングを行っている業者もあります。日常の経理業務の代行は必要なくても、有事の時にすぐにアドバイスを受けることができるように、導入を検討するのも一つの案だといえます。

icon②依頼した業務を国内で行っているか

依頼した業務を国内で行っているかどうかは、品質が担保されるかどうかにつながるといえます。経理アウトソーシング事業者の中には、経理業務を新興国などの人件費が安い国にアウトソースすることで、コストカットをしているものもあります。 このようにして海外で行われた業務は、品質が伴っていないケースが見受けられます。

料金が安いに越したことはありませんが、導入後に後悔しないためにも、業務の質を落とさないことを意識しながらもコストカットをする努力をしている事業者を選ぶようにしましょう。特に極端に価格が安い業者は疑うべきだと言えます。

icon③業務に関わる経理情報の管理を徹底できているか

企業の経理情報は極めて重要な情報です。このような情報を社外に出すことにそもそも違和感を感じる方もいることだと思います。だからこそ、内部情報や顧客情報が漏えいすることのないよう、管理を徹底している業者を選定しましょう。

守秘義務契約を結ぶことは当然として、給与計算など、個人情報が関わる業務を委託する場合には、プライバシーマークやISO27001等の情報保護に関する登録商標を取得しているか、も確認するべきです。事業者が情報管理に関してのポリシーなどを打ち出している場合はそれらも一読しておきましょう。

icon④月次決算や税務調査等に合わせて迅速な対応ができるか

経理業務をアウトソースするにあたって、外注先の事業者がいかに迅速な対応をしてくれるかも重要な要素です。例えば毎月の月次決算が迫っている時や、急に税務調査が入った場合、24時間以内に連絡がつかないようでは会社の経営上大きなリスクを負うことになります。速いレスポンスが期待できないようであれば、契約する意味がありません。

この部分を検証するには、事業者に対する口コミやレビューを参考にしましょう。「緊急時にレスポンスの良い対応をしてくれた」「難しい質問も真摯に向き合って応えてくれた」といった評価を受けている事業者であれば、信頼できるといえるでしょう。

iconまとめ

以上、経理アウトソーシングサービスに関して、信頼できる事業者を見分ける基準をご紹介しましたが、参考になりましたでしょうか。経理アウトソーシングを利用して業務改善やコスト削減を目指す場合は、ぜひ自社に合った信頼できるサービスや事業者を見つけ出してください。

  • ようこそゲストさん
  • 無料会員登録をすると、多くの便利な機能がご利用いただけます。
  • ログイン
  • 新規会員登録
PAGE TOP