ヒルアビット(ISO22301)
事業継続計画の策定から、認証取得まで幅広くご支援いたします。
株式会社ヒルアビット

ITサービスマネジメントの豊富な構築実績(国内トップシェア)を通じて培われた
ノウハウをベースに、ICT継続管理に強みを持ったコンサルタント集団です!!
ICT継続マネジメントシステム(ISO/IEC27031:2011)導入もおまかせ下さい。

サービス詳細

事業継続計画の策定から、事業継続管理(ISO22301)認証取得まで、幅広く支援!

ICTは企業活動の重要なインフラであり、ICTの継続なくして事業継続管理は成立しません。  
当社は、ITサービスマネジメントの豊富な構築実績(国内トップシェア)を通じて培われたノウハウをベースに、ICT継続管理に強みを持ったコンサルタント集団です。

●事業継続管理(BCM)及び事業継続計画(BCP)の必要性
以下のような事業リスクを回避するためには、BCM・BCPが必要です。
・事業における機会損失
・重要な機密情報の損失又は漏洩
・顧客、パートナー等の関係企業への影響
・信用の失墜による顧客の喪失、信頼回復のためのコストの発生
・事業活動の再開のための甚大なコストの発生(コストの抑制)
・損害賠償、訴訟、行政勧告、マスコミ対応等の二次対応や被害の発生

●ご支援概要
◆現状調査
・ISO22301規格要求事項と現状のギャップ分析
・BCMS適用範囲決定支援
・BCMS方針決定支援
◆BCMS構築
・BCMS基礎教育実施
・BCMS文書作成支援
・ビジネス影響分析支援
・リスク分析支援
・事業継続戦略の策定支援
・BCP・IMP策定支援
◆BCMS運用
・BCP演習支援
・内部監査・認証審査対策支援


●ICT継続マネジメントシステム(ISO/IEC27031:2011)導入コンサルティング
◆ICT継続マネジメントシステムの必要性
 ・事業における機会損失
 ・重要な機密情報の損失又は漏えい
 ・顧客、パートナー等の関係企業への影響
 ・信用の失墜による顧客の喪失、信頼回復のためのコストの発生
 ・事業活動の再開のための甚大なコストの発生(コストの抑制)
 ・損害賠償、訴訟、行政勧告、マスコミ対応等の二次対応や被害の発生
上記のような事業リスクを回避するためには、ICT継続マネジメントシステムが有効です。

サービス詳細2

事例・実績

ICT継続マネジメント構築のメリット

・事業のレジリエンシーがさらに向上する。
・ICTサービスへの脅威、ぜい弱性の特定と中断(混乱)に対する潜在的な影響の識別が可能となる。
・事業継続管理者とICTサービス提供組織(社内・外)との協力体制構築を促進する。
・事業中断(混乱)が発生した場合にも、予め定められた水準でICTサービスを提供する備えがあることを証明できる。
・事業継続戦略への信頼度が向上する。
・事業ニーズに対する適切なICTサービスへの投資判断の材料が提供される。
・組織の評判を高める。

事例・実績

会社情報

株式会社ヒルアビット
〒108-0073
東京都港区三田2−7−13 TDS三田ビル4階

  • ようこそゲストさん
  • 無料会員登録をすると、多くの便利な機能がご利用いただけます。
  • ログイン
  • 新規会員登録
PAGE TOP