タイトル:企業現場におけるメンタルヘルス対策②~心の健康づくり計画とは?~

タイトル:企業現場におけるメンタルヘルス対策②~心の健康づくり計画とは?~

①の記事で、なるほど法規制や留意点が分かりました。では具体的にどう対策していけばよいのか、悩みどころですね。まずは企業全体としての方針を立てましょう。自社版の「心の健康づくり計画」策定です。参考例として、神奈川労働局健康課による「心の健康づくり計画策定例」をご紹介します。

心の健康づくり計画を自社で策定し実践をしよう!

表形式で、心の健康づくり活動方針、心の健康づくり活動の実施内容が項目ごとに区分けされています。誰が・どこで・なにをするのか、自社の状況を踏まえ加工してみましょう。

心の健康づくり計画策定例(神奈川労働局健康課)の使い方

  • 企業現場では、各事業場の体制によってメンタルヘルス対策の推進体制が異なることでしょう。一度概要計画を決めた後、各事業場の取組状況・スタッフの構成によって再検討修正を加えることがポイントです。
  • この計画はメンタルヘルス対策に関係する労働安全衛生法の改正についての労働政策審議会の建議の内容が盛り込まれて作成されています。事業場によって精神的健康の検査方法は様々です。法改正などがあればそれに対応したものを作成する必要があります。現時点での参考として活用してみてください。

「心の健康づくり計画」の具体的(効果的)実行方法!

企業現場で取り組むべき4つのポイント

計画ができました。では「こころの健康づくり計画」の具体的実行方法をみていきましょう。効果的に行うためには次の4つの取り組みがポイントになります。4つを網羅的に行っていきましょう。

  • セルフケア
  • ラインによるケア
  • 事業所内産業保健スタッフ等によるケア
  • 事業場外資源によるケア
4つのメンタルヘルスケア 誰が行うのか? 主なケア内容
セルフケア 従業員自身
(管理監督者自身も含む)
自身によるストレスやメンタルヘルスに対する正しい理解、ストレスへの気づき、ストレスへの対処
ラインによるケア その職場の管理監督者 職場環境等の把握と改善、労働者からの相談対応、職場復帰における支援など
事業所内産業保健スタッフ等によるケア 産業医等、衛生管理者等、保健師等、心の健康づくり専門スタッフ、人事労務管理担当者等 労働者・管理監督者に対する支援、具体的なメンタルヘルスケアの実施に関する企画立案、個人の健康情報の取り扱い、事業場外資源とのネットワーク形成やその窓口、職場復帰における支援など
事業場外資源によるケア 事業場外でメンタルヘルス支援を行っている機関、専門家 情報提供や助言を受けるなど、サービスの活用、ネットワークの形成、職場復帰における支援など

事業場外資源の例

  • 地域産業保健センター (医師と契約し保健指導や健康相談などの産業保健サービスを労働者に提供することができない労働者50人未満の事業場に産業保健サービスを無料で提供している機関です)
なにをしてもらえるのか?
  • 健康相談窓口: 健康診断結果の見方、健康づくりのアドバイス、メンタルヘルスケアの進め方などに関する相談に医師等が対応。
  • 事業場の訪問: 医師や保健師が事業場を訪問し、健康診断結果に基づいた健康管理指導を行う。作業環境改善のアドバイスも行う。
  • 産業保健情報の提供: 健康情報、健康診断機関などの情報提供。

つのメンタルヘルスケアをより効果的に進めるために!

メンタルヘルスケア対策は、個人情報を含む労働者の個人情報の保護に配慮することが大切です。健康情報等の個人情報は、個人情報保護法や関連する指針等を順守し次の4点で取り組みましょう。

  • mental_health2_icon-1
    メンタルヘルスケアを推進するための教育研修・情報提供

    4つのケアが適切に実施されるために、それぞれの職務に応じて、メンタルヘルスケアの推進に関する教育研修・情報提供が大切です。 事業場内に教育研修担当者を計画的に育成することも有効です。

  • mental_health2_icon-2
    職場環境等の把握と改善

    職場環境等の改善に積極的に取り組むとともに、管理監督者等や事業場内産業保健スタッフ等に対し、職場環境等の把握と改善の活動を行いやすい環境整備をしておきましょう。

  • mental_health2_icon-3
    メンタルヘルス不調への気づきと対応

    個人情報の保護に十分留意しつつ、従業員、管理監督者等、家族等からの相談に対して適切に対応できる体制を整備。相談等で把握した情報を基に、従業員に対して必要な配慮を行う。必要に応じて産業医や事業場外の医療機関につないでいくネットワークの整備。

  • mental_health2_icon-4
    職場復帰における支援

    メンタルヘルス不調により休業した従業員が円滑に職場復帰し、就業を継続できるようにするため、従業員支援を適切に行う。

事業場におけるメンタルヘルス体制例

(出所) 厚生労働省 独立行政法人労働者健康福祉機構
職場における心の健康づくり資料より

小規模事業場でのメンタルヘルスケア対策

前記4つのメンタルヘルスケアは、ある一定規模の事業場であれば十分対応が可能ですね。しかしながら、小規模事業場ではなかなか網羅的に実行できないのが実情でしょう。小規模事業場では、セルフケア、ラインケアを中心として取り組みつつ活用したいのが、前記で紹介した 地域産業保健センター 等の事業場外資源が提供する支援等です。外部機関の力を積極的に活用していきましょう。

  • ようこそゲストさん
  • 無料会員登録をすると、多くの便利な機能がご利用いただけます。
  • ログイン
  • 新規会員登録
PAGE TOP