メンタルヘルスケア、業者の選定ポイントを紹介!

メンタルヘルスケア、業者の選定ポイントを紹介!

2015年12月からストレスチェックが義務化されました。対象は「常時50人以上の労働者を使用する事業者」です。該当する企業はストレスチェックを行う義務がありますが、実際に必要な対応は、ストレスチェックだけではありません。例えば、医療機関の選定、ストレスチェックの診断情報管理、不調者のフォローなど様々な対応が必要です。
こういったストレスチェックなどのメンタルヘルスケアを外部に委託するメリットと、業者の選び方のポイントについて説明します。

iconメンタルヘルスケアを外部に委託するメリットとは?

メンタルヘルスケアを自社で行わず外部に委託するメリットは何でしょうか?以下で紹介します。

iconメリット1 ストレスチェックの負担が少ない

ストレスチェック義務化法案の対象企業は、ストレスチェックを実施しなければなりません。しかし、ストレスチェックを実施するには、多くの対応が必要です。具体的には、ストレスチェック実施者(医師や保健師など)の選定・依頼、ストレスチェックの結果の情報管理、面接指導の実施など、やるべきことはさまざまです。

メンタルヘルスケアを外部に委託することにより、これらの対応を任せられるため、担当者の負担が大きく軽減します。

iconメリット2 専門的なメンタルヘルスケアができる

メンタルヘルスケアには、専門的な知識が必要となることが多いです。仮に精神的な不調者が出た場合、カウンセリングや医師との面談が必要になるでしょう。自社だけでは対応ができない、医療機関と提携していないという企業にとっては、そういった面談の場を設けるだけでも負担が大きく、専門的なメンタルヘルスケアを実施するのが難しい状況です。

メンタルヘルスケアを外部に委託することにより、医師によるカウンセリングや医療機関の紹介がされるため、専門的なメンタルヘルスケアを実施することが可能になります。

iconストレスチェック外部委託業者の選び方

ストレスチェック義務化が対象となるのは、「常時50人以上の労働者を使用する事業者」で、1年に1回以上ストレスチェックをする必要があります。ストレスチェックなどのメンタルヘルスケアサービスを提供している業者は複数ありますが、サービスの内容は様々です。選び方のポイントは4点です。

icon①ストレスチェックだけでなく、その後のサポートもしてくれるか?

ストレスチェックの後、ストレス状況などからメンタルヘルスの不調が予測される個人については、医師などの実施者が「面接指導が必要である」と認定します。この認定をうけた労働者が面接指導の希望を申し出た場合は、企業は医師による面接指導を実施しなくてはなりません。

この「面接指導」は医師が行う必要がありますが、業者によってはカウンセラーによる面接サービスしかない、または、そもそも面接というサービスがない、ということがあります。

「面接指導」に限らず、メンタルヘルス不調者のフォローについては、電話やWebでのやりとり、対面でのカウンセリングなど様々な方法があります。どの程度のフォローを委託したいのかは会社によって異なると思います。業者によってサービスの種類が異なるので、必ず確認を行いましょう。

icon②ストレスチェックの結果について、守秘義務は守られているか?

ストレスチェックの結果は、個人のストレス状況を表したものであるため非常にデリケートです。そのため、診断結果については、本人と実施者(医師など)以外は閲覧できないなどの要件があり、企業としては個人情報の保護管理体制を整えなければなりません。

さらに、自社の体制を整えるだけでなく、委託先にも情報を適切に管理してもらう必要があります。事前に、委託先の情報管理体制がどうなっているかを確認する必要があるでしょう。

具体的には、ストレスチェック調査票の記入や回収が、第三者に見られない状態で行われているか、不正アクセスへの防止措置がとられているかなどを確認しましょう。

icon③カウンセラーの質は十分か?

業者が提供するメンタルヘルスケアサービスの中には、カウンセラーが24時間電話対応する、といったものも多くあります。この「カウンセラー」ですが、実は資格がなくても名乗れてしまうため、業者によって、カウンセラーの質はまちまちです。

ちなみに、専門性が最も高いのは「臨床心理士」の資格です。もしカウンセラーの質を重視したい場合は、臨床心理士がいるか否かをひとつの目安にするといいでしょう。

icon④コンサルタントの質は十分か?

自社に、ストレスを抱える不調者が多い場合は、ストレスチェックだけ実施しても根本的な解決にはならず、企業として対策をとる必要があります。もし委託業者に組織のコンサルティングといったサービスを求める場合は、コンサルタントの質を確認する必要があります。

委託業者の実績などを確認し、現実的なアドバイスを提供できるコンサルタントがいるのかを把握しましょう。

iconまとめ~委託業者に何を求めるか~

以上、メンタルヘルスケアを外部業者に委託するメリットと、選び方のポイントを4つ挙げましたが、企業の状況や目的により、重視するポイントは異なります。

従業員のメンタルヘルスについて自社ではどのくらいケアできているのか、委託先にどういったサポートをして欲しいのかを考え、適切な業者を選定しましょう。

  • ようこそゲストさん
  • 無料会員登録をすると、多くの便利な機能がご利用いただけます。
  • ログイン
  • 新規会員登録
PAGE TOP