このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの会社は準備できていますか? ストレスチェック義務化法案成立 ストレスチェック義務化法案が成立し、企業は従業員のメンタルヘルスケアが必須となります。ストレスチェックとは何か?なぜ今メンタルヘルスケアが重要視されているのか?このページで解説していきます。

メンタルヘルスケアの専門会社、BIZトレンドでまとめて資料請求できます。

メンタルヘルスの専門会社に問い合わせする

今後、ストレスチェックは必須になる

2014年6月、法案可決
2014年6月19日、衆議院本会議において「労働安全衛生法の一部を改正する法案(通称:ストレスチェック義務化法案)」が可決され、法案が成立することになりました。本法案は専門家(医師、保健師など)によるストレスチェックを行うことで従業員のメンタルヘルスの不調を未然に防ぐことを目的としています。ストレスチェック制度は従業員数が50人以上の事業場を対象とし、年1回のストレスチェックが義務付けられます。(50人未満の事業場に関しては努力目標とされている)
2015年中には施行も課題は山積み
本法案は2015年12月の実施が決まっており、該当する企業は体制の整備やストレスチェックを委託する専業者の準備をしなければなりません。企業側の準備ができたとしても、ストレスチェックで従業員のメンタルヘルス不調が判明するか、不調が判明した場合に従業員は面談に応じるかなど解決すべき課題がいくつもあるのが現状です。
法案の経緯 2013年12月 「今後の労働安全衛生対策について」を公表 職場におけるメンタルヘルス対策のあり方を建議。 2014年1月 労働安全衛生法の一部を改正する法律案提出 ストレスチェック義務化へ向けた第一歩。 2014年3月 労働安全衛生法改正案を閣議決定 ストレスチェック義務化法案が閣議決定 2014年6月 労働安全衛生法の一部を改正する法律案可決 目的 ストレスチェックを行うことで従業員のメンタルヘルス不調を未然に防ぐ ポイント ・50名以上の事業場に対して、年1回のストレスチェックを義務付け・従業員がストレスチェックの通知を受けて面談を希望した場合、医師による面談を行う

法案の背景には労災申請(精神疾患)の増加が

脳・心臓疾患を上回る精神疾患
厚生労働省の調べによると、労災請求件数においては2007年度以降、精神疾患が脳・心臓疾患を上回っており毎年ほぼ増加傾向にあります。職場が原因となっての精神疾患(うつ病、自殺)はここ10年で大きな社会問題となっており、年間3万人と言われる自殺者のうちおよそ1割は勤務問題が理由と言われています。今回のストレスチェック制度法案は増加する自殺と労災申請の対策の一環となっています。
種類別労災請求件数(厚生労働省調べ)
休職者が出ることは社員にとっても企業にとっても大きなリスク
休職者が出ると、現場においては休職者の業務のしわ寄せが他の従業員に負担となり、2次災害に至る可能性があります。また、企業においても損害賠償や社内の動揺、社外に対してのイメージなど経営に関わる影響を与える可能性があります。これらのことを考慮しても、従業員のメンタルヘルス不調を未然に防ぐことは非常に重要であると言えます。
社員に対しての影響 業務のしわ寄せによる負担増で二次災害の可能性あり
企業に対しての影響 経営に影響を及ぼす企業リスクとなる可能性あり 労災の損害賠償 社員の動揺 イメージダウン 採用の応募減

信頼できるパートナーと協力して社員のメンタルヘルスサポートを

ストレスチェックにおいては専業者(医師、保健師など)の手配はもちろんですが、実施に至るまでには社内の体制を整備しなければ従業員のメンタルヘルスケアを実現することは困難です。メンタルヘルスの専門会社は専業者の手配はもちろん、社内の体制づくりも支援します。BIZトレンドでは厳選されたメンタルヘルス会社を紹介。気になる会社に一括でお問合せできます。

BIZトレンドでメンタルヘルス業者を選ぶ

  • 対象従業員規模や対応エリアを確認しながらサービスを選ぶことができます。
  • サービスの詳細情報や導入事例、お客様の声などを記載しています。
  • 気になるサービスはリストに追加することで、一括で資料請求できます。

メンタルヘルスケアの専門会社、BIZトレンドでまとめて資料請求できます。

メンタルヘルスの専門会社に問い合わせする
該当データがございません。

BIZトレンドTOPから「カテゴリーから探す」などを使って再度お探しください。

ストレスチェック義務化とは?企業が取るべき対応とは?施行前にポイントを抑えましょう。

PAGE TOP