実践マネジメント心理学

第10回:アドラー心理学②「変われない」のではなく、「変わらない」という決定をした

【実践マネジメント心理学】第10回:アドラー心理学②「変われない」のではなく、「変わらない」という決定をした(井上 和幸)

こんにちは、株式会社 経営者JPの井上和幸です。
このコーナーでは、マネジャーの皆様が日々のマネジメントで役立てて頂ける実践的な心理学の理論と活用法、「科学的に上手くやる、人・組織の方法論」、をご紹介してまいります。

第10回は、前回に続き、最近注目のアドラー心理学をご紹介してみます。

「やる気が損なわれた」理由は?

マネジャーの皆さんは、上と下にはさまれて、思うようにならないこと、ままならないことも多く、ストレスを抱えがちな役割を嘆いていらっしゃる方も少なくないかと思います。

  • 「部長が理解を示してくれないんだよなぁ」
  • 「部下がまったく方針を理解してくれない」

こうしたことが続き、すっかりやる気を削がれてしまったという読者もいらっしゃるかもしれません。

さて、そんなときにアドラーは、どうアドバイスをしてくれるのかと言いますと…。

<部長の不理解も、部下の不服従も、あなたのやる気とはまったく関係ありません。>

ズバリ、こう言われて終わることになります。そんな…身も蓋もないですよね。これは一体、どういうことでしょう?

PAGE TOP