一定規模を超えたら...⑫
就業規則の具体的記載例(労働時間、休憩及び休日、時間外及び休日労働等)とそのチェックポイント(その4)

一定規模を超えたら…⑫就業規則の具体的記載例とそのチェックポイント(その4)

過去コラムで①完全週休2日制、②1ヶ月単位の変形労働時間制(隔週週休2日制)採用時の規定例を解説してきました。今回は②の更なる応用形【1年単位の変形労働時間制】を採用した場合の規定例解説です。業種によっては1年の中で繁閑の時期が著しい事業場(季節商品を取扱う事業場など)がありますね。こうした場合、法定労働時間(1日8時間、週40時間)を超える労働時間となっても年間を平均して週40時間を超えないように設計(調整)する方法があるのをご存じでしょうか。効率的な労働時間の運用方法としてぜひお勧めしたい方法です。

1.1年単位の変形労働時間制、採用時の規定例

【今回の解説条文】

第4章 労働時間、休憩及び休日、時間外及び休日労働等
【1年単位の変形労働時間制を採用した場合】
第17条 (労働時間及び休憩時間)
第18条 (休日)

(資料出所)厚生労働省労働基準局 モデル就業規則(H25.3版)
*上記資料を基に私が一部加筆修正した補強版で解説を進めます。

なお、就業規則の全体像は、記述記事「就業規則チェックリスト」で確認ください。どの部分の解説なのか確認しながら読み進めてみてください。

PAGE TOP