コラム樋口眼
第9回:選考に合宿を取り入れる3つの理由

【コラム樋口眼】第9回:選考に合宿を取り入れる3つの理由(樋口 弘和)

今回のコラム「樋口眼」は、前回に引き続き本年度の自社採用の事例をご紹介。最終選考として実施した「合宿」についてご紹介をします。
社内を巻き込み、人を含めたコストを投下する合宿は、企画も運用も決して楽ではありません。しかし、当社での運用の経験を通じて、合宿選考の意義・成功のポイントが少しずつ見えてきました。是非ご参考ください。

理念や社風に共感した応募者を「合宿」に招待する

皆さん、こんにちは。
5月の大型連休も終わり、大手企業では新卒採用が一段落したところでしょうか。去年に引き続き、今年も、採用目標人数の達成という点では苦戦されている企業様が多いように感じています。

さて、今回のコラムでは、前回に引き続いて採用活動における当社の試みをご紹介します。

前回は、当社採用選考における、事業理解よりも社風や理念などのイメージの共有化を主目的としたフロー設計についてお話をしました。

簡単におさらいをすると、説明会では、当社の若手社員とのトークセッションを通してオープンなコミュニケーションを体感してもらうよう工夫しましたし、その後の選考に合格した学生には人事担当役員が一時間半をかけて面接を行い、個々人を把握するとともに当社の事業に対する考えについてもじっくりと話をした、ということです。

今回ご紹介するのは、その役員面接後に実質的な最終選考として行った「二日間の合宿」についてです。まず、合宿を実施するメリットは、大きく以下の3点です。

  • (1)内定辞退の減少
  • (2)採用ミスの減少
  • (3)フォロー工数減少

選考に合宿を取り入れるメリットは3つ

(1)内定辞退の減少
会社として、社長以下総動員で選考に臨むことで、参加学生が会社の本音(企業文化や価値観、人間関係やタイプなど)を深く理解することができ、入社への納得感が高まる。
また、最終選考前時点で志望度の低い学生は合宿参加を辞退するため、参加学生の志望度は一定以上あることが前提となっている。
(2)採用ミスの減少
学生と二日間泊りがけで付き合うことで、知的能力・人間性・育った環境による社会性などを高いレベルで把握することができる。
(3)フォロー工数減少
1・2によって、高いレベルで双方のマッチングをはかることができ、その後のコミュニケーション(内定フォローなど)に過剰な工数をかける必要がなくなる。

このように、選考から入社までの全期間で見れば、採用コストの観点からもパフォーマンスが高い選考方法であると言えると思います。

次のページ>> 合宿成功の要とは?>>

◆「安い検査では信頼性が不安」「でも大手の検査は高すぎる」とお考えの企業様に最適
◆パーソナリティ・ストレス耐性・社会性など採用時に見るべき項目を40因子で表示
◆「職務適性」「自社への合致度」「面接での注意ポイント」もわかる!

掲載会社:株式会社トライアンフ

対応従業員規模 対応エリア
50名以上 全国
資料請求リストに追加
PAGE TOP