自律と成長のための人事制度作り
第12回:等級と役職の関連について

【自律と成長のための人事制度作り】 第12回:等級と役職の関連について(小笠原 隆夫)

等級制度を検討する中で、「役職(組織に紐づいた職制)」との関係をどう扱うかは、必ず検討が必要なテーマです。

「等級」と「役職」の間の一般的な関係性でいえば、「等級」は定められた要件によって、すべての社員がそのいずれかに属しますが、これに対して「役職」は組織体系に応じて任命されるものです。

この任命のルールとして、例えば「部長は○○級から」「課長は××級から」など、該当する等級に属している者の中から任命するというような関連付けがされます。

また、「呼称」と言っているのは、組織上の職制としての役職名ではないが、「主任」「担当課長」など便宜的に付与した呼び名のことで、等級という社内的な格付けを、対外的に表現できるように言い換えているものです。

この関係がしっかり整理されている企業は意外に少なく、比較的大きな規模の会社であっても、これを混同した運用がされていることがあります。

近年は、事業戦略に合わせて組織体系を柔軟に扱うことも多いので、当然職制の階層、ポストの数なども変わり、初め整理されていた関係性が徐々に崩れていくような場合もあります。

ルールをその都度見直し、それに基づいて役職任命が行われていればよいですが、このあたりがあいまいになっているケースは結構見受けられます。

PAGE TOP