「業務の明確化・効率化」が第一位

『月刊総務』総務部門アンケートから見る、今後の総務部の在り方
『月刊総務』総務部門アンケートから見る、今後の総務部の在り方 

昨年11月に実施した全国総務部門アンケート(『月刊総務』2013年5月号で結果を発表)。総務部門の管理職を中心に多くの回答コメントが寄せられました。「総務部門の抱える課題」について見てみましょう。優先度の高い順に3つだけ選択して答えてもらいました。

総務部門の抱える課題

第一優先課題

業務の明確化・効率化・・・39.6%
無駄・コスト削減・・・15.7%
社員研修・教育・・・9.6%

第二優先課題

社員研修・教育・・・17.3%
無駄・コスト削減・・・17.3%
業務の明確化・効率化・・・13.2%

第三優先課題

無駄・コスト削減・・・14.2%
防災への対応・・・8.1%
業務の明確化・効率化・・・7.6%

総務部門の抱える第一優先課題は、「業務の明確化・効率化」が断トツの第一位という結果でした。どこにも属さない仕事を対応していたり、社内のよろず相談窓口となっていたり、さらに、総務部門の個々人の仕事が属人化していたりと、なにをやっているか分からない総務部門を、自らなんとかしていきたいと思っている結果の表れでしょう。

    
PAGE TOP