コラム樋口眼
第4回:なぜ、母集団形成に苦戦するのか?

【コラム樋口眼】第4回:なぜ、母集団形成に苦戦するのか?(樋口 弘和)

12月1日を迎え、新卒採用がいよいよ解禁となりました。スケジュールが大幅に変更される前の最後の年ということもあり、ユニークな採用を実施する企業も増えてきましたが、一方で着目すべきはここ数年の「母集団形成」に課題を感じる採用担当が多いという事実です。
今回のコラム樋口眼のテーマは、このような状況になっている背景と対策です。

なぜ、ここ数年の採用担当が「母集団形成」に悩むのか

皆さん、こんにちは。いよいよ12月1日からナビサイトがオープンし、2015年新卒採用業務もスタートしましたね。弊社内も常駐先のお客様でもいよいよ緊張感が高まってきています。
特に、今年はキャリア採用も継続しながら新卒採用を行う企業が多く、現場の負担は例年以上に厳しいようです。

さて、今日は今年の新卒採用情報について耳にしている話を簡単にご紹介したいと思います。

去年から今年にかけて、新卒採用におけるお客様のお悩みはほぼ「良質な母集団形成」に収斂しています。つまり、採用したい人数・質のゴールイメージに対して、そもそも応募者が質量ともに圧倒的に足りない、ということです。

トップレベルの学生はどの面接官が見ても良い、というのは採用においてよくあることです。採用できれば最善ですが、圧倒的に少数ですし、内定を出しても辞退されてしまう事が多いというのも事実でしょう。

一方、筆記試験、面接試験どちらともそれなりのレベルの学生は圧倒的に多いものの、ここ数年で怒っている問題の背景には、「それなり」と「トップレベル」の中間に位置する「まあまあ良い」という学生の数が圧倒的に減っているというイメージがあります。

PAGE TOP