マネジメントの新手法
第4回:部下が主体的に目標達成を目指す組織を創るには?

【マネジメントの新手法】第4回:部下が主体的に目標達成を目指す組織を創るには?(和泉 大)

「マネジメント」という言葉は「管理」というイメージを伴う傾向が強いですが、
一人ひとりのメンバーの行動をきめ細かく管理することには限界があります。

だからこそ、
メンバー各自が“主体的に”目標達成を目指すことが求められるわけですが、
どうすればそのような状態をつくり出すことができるのでしょうか。

前回、《リードマネジメント》の大きな特徴として、
“相手(お客様や部下)が望んでいる状態”を提供することにフォーカスしている、
という点をご紹介させて頂きましたが、
“部下が望んでいる状態を把握する”ということが
今回のテーマに大きく関わってきますので、
その点について、事例を交えてご説明していきたいと思います。

願望把握に効果的な“2つのポイント”

メンバーを持ってマネジメントをした方であれば誰しも、
「自分の指示したとおりに動いてくれないな……」
「なんで、彼はこんなことをしたんだろうか……」
と感じられたことがあるのではないでしょうか?

しかし、それらもリードマネジメントが基礎理論としている《選択理論》の基本概念のうちの2つ、

  • ・『基本的欲求』
  • ・『上質世界』

を知ることで、その理由が理解できるようになっていきます。

《選択理論》の中では、人の欲求は『5つの基本的欲求』、すなわち、

・生存の欲求
食欲・睡眠欲・生殖などの身体的な欲求
・愛・所属の欲求
「愛し愛されたい、誰かと一緒にいたい、グループで行動したい」といった欲求
・力の欲求
「欲しいものを手に入れたい、人に勝ちたい、注目を浴びたい、貢献したい」といった欲求
・自由の欲求
「人に束縛されたくない、自分の思い通りにしたい」といった欲求
・楽しみの欲求
好奇心や遊び、新たな知識への欲求
の5つに分類され、
その強弱は人それぞれ生まれながらに異なる、とされています。
(「マズローの5段階欲求」と違い、「5つの基本的欲求」は段階的に満たすのではなく、並列であり、強いから良い、弱いから悪いということではありません。)

例えば、
「成果を出したい」「周囲に認められたい」という気持ちから、夜遅くまで働ける人材は“力の欲求”が強くて“生存の欲求”が低い、
「周りからとやかく言われず、自分の裁量で仕事を進めたい」と思っている人材は“自由の欲求”が強いといえるのです。

そして、その人が“望んでいる状態”を《選択理論》では『上質世界(Quality World)』と呼び、その人の『基本的欲求』を満たすものがイメージとして保存されている記憶の世界のことを指します。
人はこの『上質世界』にあるものを現実世界で求めて行動する、
と考えられているのです。

具体的な例で説明しますと、
「なるべく早く企画書を仕上げるように」と上司が部下に指示したとします。
しかし、部下は飲み会の約束があることを理由に、特に上司に相談することなく、途中で切り上げて帰ってしまいました。この時、部下の上質世界では、「企画書を仕上げる」ということよりも、 “楽しみの欲求”を満たす「飲み会」のイメージが優先し、それを得るための行動を選んでしまったのです。

これは簡略化した具体例ではありますが、
いずれにせよ、「部下はどんな欲求を持っているんだろう?」、
そして、「それを満たす『上質世界』にはどんなものがあるんだろう?」
ということに興味を持つことが部下の主体性を醸成する上で非常に重要になってきます。

PAGE TOP