人材定着のノウハウ

⑥行動へ向け、意思決定を促すために知っておくこと

【人材定着のノウハウ】⑥行動へ向け、意思決定を促すために知っておくこと(田原 洋樹)

職場は常に意思決定の連続です。「これをやろう!」「これはやらない!」と常にチーム内で活発な意思決定が繰り広げられているチームは、活き活きと主体的な行動が促進されて行きます。
意思決定のパターンは人によってさまざま。上司は、部下がスムーズに行動に移せるよう、どこにスイッチボタンがあるのか?タイプごとに、意思決定パターンを見極めたサポートをする必要があります。
今号は第5のステップ『行動へ向け、意思決定を促す』をお伝えします。

4つの意思決定パターン

意思決定する際に、どのような特徴があるのか? 意思決定にかける時間(早いか遅いか)を横軸に、意思決定する際の判断基準(人か仕事か)を縦軸にすると、4つのタイプに分けることが出来ます。

意思決定に見られる4つのタイプ
PAGE TOP