自律と成長のための人事制度作り
第3回:検討チームが見落としがちなこと

【自律と成長のための人事制度作り】 第3回:検討チームが見落としがちなこと(小笠原 隆夫)

検討チームの体制作りができた後は、いよいよ制度検討に入っていくわけですが、このチーム運営の中で、ついつい後回しになりがちだが、実は意外に気を遣っておいた方が良いというポイントがあります。

検討を進める上で意外に大事なこと

それは「検討過程での情報発信、広報」と、「社員からの意見聴取、巻き込み」についてです。
検討チームが動き出すと、どんな制度にするか、どうやって経営陣を納得させるかといったことには意識が向くものの、主に一般社員向けの活動は、必要性の認識はありながらも実際には後回し、おざなりになりがちです。
しかし、その状態でいざ人事制度の運用を始めようとすると、社員の間からは「聞いていない」「知らなかった」「納得できない」といった感情的な反応や、様々な指摘、批判が出てくることがあります。このことは人事制度を運用していく上では大きな障害になります。

これを回避するためには、検討チームの枠組みに違いはあっても、社員に向けてどんな形で情報発信をするか、どんな形で意見を聴くかがとても大切になってきます。

PAGE TOP